シーラカンス号 12V全波整流・バッテリーレス・LED化終了!

PEW 0.9mm (ポリエステル銅線 1種) 1kg (1kg = 約174m)で凡そ260巻いたチャージングコイル
フライホイールや回転シャフトに当たる可能性が有るが取りあえず付けてトライしてみる。

DSC01222_R_20161002215212c55.jpgDSC01227_R_20161002215215439.jpg
見事にシャフトとフライホイールに当たってます。(フライホーイル側は見づらいが、テープ巻してない1本が当たってる)
不幸中の幸いか発電電圧は測れました。ビニールテープは剥がれたが、ポリエステル被膜がかろうじて残ってたと推測。
DSC01221_R.jpg
低めのアイドリングで13V確認、アイドリング調整を少し上げて14V。

さて8mmのマグネットコイルを待たずして、これで行けると判断。10巻減らせば当たらない
0.0431/1巻×10巻=0.431V減るだけ誤差の範囲だ
DSC01228_R_2016100222103172b.jpgDSC01229_R_20161002221032c90.jpg
10巻解しテーピング。端に緩んだ部分が見えたので、またそこまで解しテーピングの所まで(糸~巻巻)
ポリエステル被膜なので先端接続部分を紙ヤスリでゴシゴシ・・・・

DSC01224_R_201610022217550b8.jpg
圧着部分をテーピングしてコイル取り付け完了。ジェネレータ部をAssyしエンジンを掛けアイドリング電圧は、ほぼ同じ12V上回る
面倒だが、もう一度コイルを確認するとセーフ!!干渉ありません。(良かった~0.8mm先走って注文したけど・・・・)

全波
(注・図面にはバッテリー表記ですが電気二重層キャパシタ バッテリーレス装置を取り付ける)
ライトスイッチ関係はタンクの下に有るようなので、タンクを外す、満タンだ!重たい・・・・・・・
DSC01206_R_20161002223446675.jpg
ライトスイッチ関係のコネクター
DSC01211_R_20161002224245080.jpg
コネクターでY/R線とW/R線が繋がってる。W/Rはコネクターに戻しY/Rテーピング。
Y/Rが入ってたコネクターにO線を入れる(ウインカーリレーにOが・・・・
DSC01213_R_20161002225308496.jpg
テープを剥がしO線が3分岐されてます。
絶縁テープを剥がすと3本圧着されてます。イグニッションコネクターから電源が来てテール系とウインカーリレーに繋がってる
スズキさんはこんな事するんだ(笑)
DSC01216_R.jpg
圧着されたO線を切断して新たにO線を追加して圧着し収縮tチューブで絶縁。どうだスズキさんより良い方法だぞ!
DSC01217_R_201610022305199b1.jpg
テープを剥がした所に再びテープを施し新たにO線を出してコネクターのW/R側へ入れる
これでハーネス加工は終わり

電装はメータパイロットランプ・テールランプ・ウインカー・ウインカーリレーの交換だけ
ヘッドライトと全波レギュレートレクチファイアが少しギボシの付け替えだけで済みます
DSC01218_R_20161002232016df6.jpgDSC01214_R_20161002232026665.jpg
DSC01219_R_20161002232016c3d.jpg既設6Vギュレートレクチファイアに付いてたコネクターのギボシ端子を引き抜き端子を付け替えバイク部品ショップで買って来たコネクターに図面通りに配線する



DSC01203_R.jpgDSC01200_R_201610022320133db.jpgDSC01202_R_20161002233049a4e.jpgライトは既にソケットがギボシに付いてるのでLED側のギボシ加工をして説明文の通りに繋げばOK(TF125はオーナズマニュアルに配線図が有ります参考に)
注意点としてLEDの留めスプリングを2巻程度切断しないと収まらないので。


バッテリーの変わりに電気二重層キャパシタ バッテリーレス装置を付けて
エンジンスタート
DSC01230_R.jpgDSC01231_R_20161002234011f5b.jpg
アイドリング時でこの明るさ!もうシーラカンスでは有りません。。
エンジンを止めても5秒位灯ってます。

DSC01232_R_20161002234439fe6.jpg
アイドリング時25WのLEDヘッドライトを付けた電圧10Vで(これは、負荷による電圧降下なので正常)エンジン回転が少しでも上がると12V以上は行きます
回転を上げても14Vで正常にレギュレートして安定。
電気二重層キャパシタ バッテリーレスでこれだけの安定性が有ればバッテリーは要らない可能性がある。

ウインカーセットはウインカーリレーが正常に働きませんでした。
不良
LEDは点灯で点滅しないが白熱球だと点滅する(要するにLED用のウインカーリレーで無かった事が判明)
ウインカーリレーは別途注文した。最近は中国製が多くある程度品質は良くなってきてるが・・・まだ生産技術や管理が低い事がうかがわれる。また今回の電装品は全て中国製であるが、全て品質が低いとは否めない。

今回はバッテリーレスとコイル昇圧が成功したが様子を見なければならない
まだバッテリー装着は蓄電能力が遥かに上回るが電気二重層キャパシタ には従来の電解コンデンサより遥かに優れてる事も判明した。
今回の装備で、今週末京都のロングツーリング予定でロングトライをする

出来れば次回電気二重層キャパシタ について考察しようと思う

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/702-2500cf10

Comment

ケイ

え?もう完了しちゃったのですか!
こんなに大変なことなのに、知識と技術が高度で驚きました。
難易度が高過ぎて、マネできないのが残念です。
  • URL
  • 2016/10/03 20:35

kazu親父

> ケイさん
同じTFに乗る仲間です。お互い乗りやすくなれば良いと思います
情報や過程は共有したいもので、解る事で有れば協力します

とにかく試行錯誤の道だと思います。TF125はそんな事を教えてくれます
  • URL
  • 2016/10/04 00:09

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー