気の向くままツーリング

TF125(シーラカンス号)はオドメータが3000kmに達しようとしてる。

DSC01070_R.jpg
このシーラカンス号は、煙をモクモクと排出し現代クリーンな排ガス規制には、そぐわない小さな化石バイクです
それでも健気に天邪鬼になっても行きようとしてる。可愛いシーラカンスなのだ。

この距離数になるとアタリも出て、昔取った杵柄のように威力を発生する時期なんですが・・・
現在主流であるシフト全自動125ccのスクーターは恐るべし速さで登りのワイディングロードを駆け上がって行きますが、
シーラカンスに乗る騎手が適所なところで鞭を打って操作すればスクータはシーラカンスの煙の後へとなります(笑)


で、    このシーラカンス号を3000kmまで調教しようと当ても無く出掛けました

DSC01071_R_20160910183117657.jpgDSC01072_R_20160910183119ea8.jpg
白根山
この急勾配はシーラカンスの心臓には過激ですが車の後ろには着いて行ける・・・・・
しかーし、後ろに居る追い越し禁止を守る大型ライダーにとってはシーラカンスの煙で往生します・・・・・
すかさず、合図して先頭へ導くそんな事を繰り返し白根の山です。

DSC01073_R.jpgDSC01074_R_20160910183158cb7.jpg
綺麗に雲海が現れた。
先客の人がBMWのボクサーツインに乗る年配の人(地元の人みたいだ)
「こんにちは、綺麗ですね雲海が」と声を掛けるとニコニコと会釈
TF125のナンバープレートを見て「遠くからきましたねぇ」と
そんな発端から暫し雑談。
別れ際に「気を付けて安全にツーリングを~  そうだ音を聞かせてください」
軽く会釈をしTF125シーラカンスは再び鼓動を開始しその場を去った。

帰路は新潟経由しようかと迷ったが長野経由で榛名山へ
DSC01078_R.jpg
榛名湖にて

DSC01080_R.jpg
今回シーラカンス号と共に走った距離は351kmだった。オドメータが3000kmに及ばなかったが充実したツーリングだった
ツーリング中原付2種を見かけたのが4台とは寂しい
原付2種のツーリングは決して楽ではないが、楽しさも有る。原付2種でキャンプツーなんて最高じゃないかなぁ・・・・
と思った親父だった。

登坂全開を使ったにも関らず30.548km/ℓの成果。
相変わらずカブリ気味だが後日プラグを確認しよう。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/686-9de901c2

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー