RD125 フロントブレーキ

完全レストアしたと思いきや・・・1000km程乗るとまた、フロントブレーキの引きずり現象が起き、約1年位放置してた。
三回目のキャリパー分解となる
RD125のフロントブレーキの特徴はブレーキパットが摩耗するとキャリパー全体が動く仕組み。
DSC00742_R_20160709161324e71.jpg
再び分解したキャリパー。ピストンやパッドは新品だが、その他はオリジナル。
ブレーキ引きずり現象はそのキャリパー全体の動きが動作しなくなり発生したと考えられた。事実キャリパー摺動部が固着し、プラスチックハンマーでかろうじて動く程度だった。

DSC00744_R_2016070916132632d.jpgDSC00735_R.jpg
写真左の右穴二つに右ピン二つんが入り摺動する仕組み。
穴にはそれぞれ鉄とホウキンのカラーが入ってる
原因は右写真で解ると思うが長年の劣化により錆びて腐食した部分にまた錆が発生し動きを渋くさせたのだろう。

パーツリストでAssyを確認したところ、このキャリパー部分は既に在庫は無かった。

錆びてる摺動ピンをまた使うと同じ現象が起きる事は確実・・・・・
なら、そのピンを作ってしまおうと。。。
強度は多少落ちるがSAS304で制作を決める。SASにすることで錆は無くなるし強度も問題無いと判断。
DSC00740_R.jpgDSC00738_R.jpg
制作された摺動ピン

DSC00759_R_20160709162850c6c.jpg
ゴムシールも古いので再生を図る

DSC00751_R_20160709170242aec.jpgDSC00750_R.jpg
この古いゴムシール達は何故か・・・
DSC00753_R_201607091705065c3.jpg
これで再生してしまいます・・・・不思議。。。

DSC00754_R_2016070917050909d.jpg
摺動部にはこれを使いました

DSC00746_R_20160709172723958.jpgDSC00758_R_20160709172822902.jpg
キャリパー内部に組み付けして摺動確認OK(手で動きます)

DSC00761_R_20160709173020b11.jpg
取り付け完了

走って確認すると引きずりは無くなった・・・・・
暫くすると異音が発生!!
摺動部は動作してるが・・・・・

デスクからキャリパーを外して確認すると・・・レバーを握り離すとパッドの戻りが少ない!!
マスターシリンダーにリターンするオイルが少ないかも

マスターシリンダーを分解するとやはり酷い汚れがあり、マスターシリンダーのAssyは初期型が入ってました。

DSC00762_R.jpg
オリジナルのマスターシリンダーを外し

DSC00764_R_20160709174508280.jpg
部品取車のマスターシリンダーの中身が意外に綺麗だったので取り換えて見ると
具合は良くなりました。
ただし片減りのパットの影響が出て時折摺動部から軽い音が出ますがパットを新品にすれば解決するでしょう
パットは社外品で出るので早速注文を。

先日100km走り様子を見たが快調~片減りの影響は出ますがブレーキタッチも良くなり
ブレーキディスクが熱くなりブレーキが掛かった状態が全て無くなりました。

暫く通勤で様子を見てブレーキパットが届いたら交換してみようと思います

DSC00765_R_20160709180853e67.jpg

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/662-1f2f21ab

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー