ヤマハRD125 Ⅱ型 レストア回想2014年11月エンジン回り奮闘編

1973年AX125からフルモデルチェンジし
エンジンの改変やフロントディスクブレーキのディスク化でRD125に改名。
最終型1978年4回のモデルチェンジをして、その後空冷ツインRD125は幕を下ろした

このRD125はⅡ型と呼ばれ1976年製。約38年の時を経て過去の修理や分解歴が有ったようだ




2014年11月エンジン回り
6d32284565e57377231a840a3f668269.jpg
右側クランクシールを抑えている金具の固定ボルトが緩まない。
ここも交換歴があって、斜めにボルト入れた可能性が高い

37eb57af2950b233306a309cb16bd078.jpg3133c7bcb619c366a679b0fb3e7ca21f.jpg
ヒートガンで根元部分を熱しては少しずつ回し慎重に・・・・・
上側のボルトは頑張っていたけど、下側ボルトは少しずつでも回り始めた。
少なくとも隙間が大きくなってきてるので、緩んでいることは間違いない。(そう思いたい)
・・・と
うにょ!
あいやぁ
やっちった!
まぁ、強度がいる場所ではないので、ほじくり出してヘリサートかなぁ
goroさんコメント

緩めるたびに細かい金属粉が出てくる・・・・やはり交換歴が有りボルトを斜めに入れてしまったのか?

折れて無い上側のボルトを抜く
75df43c5ceeb3ff4a8be8c7d7cd0b00a.jpg
パーツリストで確認すると、ボルト長は12ミリのはず。
交換されていないことを祈りながら、慎重に緩めていく。
なんて書くと簡単みたいだけど、ヒートガンで基部を熱しては30度くらいずつ緩めていく。
12ミリ長だとすると、残りは半分程度か?
goroさんコメント

奮闘の末、無事に抜けたボルト
327dfc72188058576f6b789e1d31f05e.jpg
抜き取った穴に新品ボルトをねじ込んでみたけど、普通に入っていくんだよね。
抜き取ったボルトでは試したくないので何ともいえないけど、原因はなんだったんだろうか?
もちろん雌ネジ部分はタップでネジ山を修正した。


下側の折れたボルト処理
b1.jpgb2.jpg
まずは折れたボルトのセンターにポンチマークをつける。

b3.jpg
まずは3.2ミリのドリルで穴を空ける。
もちろん使用するドリルは細いほうが安心なんだけど、ブレやすいので注意しないと!
なかなか良い感じ

b4.jpg
3.5ミリがあったので、刻んでみる

b5.jpg
これで4.2ミリの穴になった

b6.jpg
今度は4.8ミリを開けてドリルの出番は終了
これから雌ネジに残った「ヤマ」のカスを摘出する!

b7.jpg
最後にタップでネジ山を修正して終了!
入り口付近の雌ネジは多少痛んだけど、15ミリボルトまで入ることがわかったので、問題はないだろう。
かみ込んだボルトぢゃなければエキストラクタを使うんだけど、ますますかみ込んぢゃいそうだったのでやめた。


シリンダー&ピストン

シリンダーヘッドを外したら、なんとなく排気側の内壁に縦線が入ってる。
7401db8d58885b90177caa7a637cbdb2.jpg
抜き取ったシリンダー内壁には深い縦傷が入っている。
ツメがしっかりと引っかかるほどの深さの傷だった。
なんとなく0.25では取れない気がするくらい?

cfe3f21625372a44c6bad5fa1cac4b62.jpg
ピストンも排気側に傷が入っている。
それにしても、この状態でもしっかりと走っていたんだから、すごいエンジンだなぁ

50b34a08db616022d918860452ecbe42.jpg
スタッドボルトは、1本を除いて抜けてくれたけど、さすがに残った1本は頑固そうな顔をしている!
今回も「頑固者同士の対決」になりそうだ!
もうひとつ気になるのが、コンロッドの状態なんだよね。
そうとう熱が入ったような音がするんだけど、大丈夫かなぁ
微妙に振れも大きいし・・・



見た目綺麗で程度の良い車体だが本格的に調べると色々と出てくる。
40年の歳月はやはり・・・・・・

次回・回想フロントフォーク・キャブレターへ続く










Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/656-05830026

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー