本日のF700GSバイク通勤と雑感

清々しく秋晴れの朝
スーパーシェルパを置いてF700GSで通勤を・・・この秋晴れ。。無断欠勤でツーリングに行ってしまう可能性もあるが・・・・
誘惑に負けず無事出社する。(笑)

DSC00471_R_20151007104637668.jpgDSC00472 (1)_R
通勤にF700GSを出す
ツーリングに重宝するトップケース。既にパニアケースも装着可能になってますがF700GSには付けてません
トップケース形が少数の方に不評が有ります(ビジネスバイクのトップケースに似てるから?)
自分は気に入ってますが・・・意外にこれが良いのです!荷物の多さによりケースの深さを嵩増し出来る。


DSC00478_R_20151007112349886.jpgDSC00480_R_20151007112351e76.jpg
取り外しは(右側写真)トッテを出し上の赤いレバーを引くと下の赤い部分が飛び出しその飛び出した所を引くとトップケースが外れる


DSC00483_R_20151007112347db7.jpgDSC00484_R.jpg
ツーリング誘惑に負けず無事出社トップケースを外したF700GSを撮影


DSC00482_R.jpgDSC00481_R.jpg
スリムに見えるF700GS。既にパニアケースを付ける前提となってるF700GSのリア構造
F700GSに関してもロングツーリングを意識して作られてるのだろう
しかしここでR1200RTのトップケースに付いて見てみると2008年車はこのF700GSと同じようにトップケースに中身を入れたまま取り外し可能であったが2014年水冷化になったR1200RTは荷物を出さないとそのトップケースを外せない構造となってしまった
DSC00404 (1)_R
ロングツアラーと言う位置付の為なのか?トップケースが簡単に外せない事に疑問を持つ。。
(標準装備で付くパニアは当然ワンタッチで装着可能である)


F700GSに戻り
先代のF650GSはBMWの高いオールラウンド性は持っていたが、上級者が乗った場合にエンジンパワーとブレーキ性能には、ちょっと不満があった。後継機F700GSは、それらを解消し、オフロード性能を重視した新型F800GSとの差を明確にした。

DSC00490_R_201510071125472bf.jpg
φ300mmディスクに+ピンスライド式2Pキャリパーのダブルディスクになった。軽量コンパクトな新世代の2チャンネルABS(解除可)が標準装備。

DSC00491_R_201510071124389d3.jpg
振り子式バランサーを持つ360度クランクパラレルツインは不快な振動が一切ない
総排気量798cc

DSC00492_R_20151007112549e5b.jpg
電子式では無いが手動で硬さ調整が出来る
R1200RTは乗りながらの調整可能でレイン・ロード・ダイナミック)に連動する。


DSC00488_R_20151007112435f67.jpg
シート高は790mm重量配分によりタンクはシート下にある


DSC00489_R_20151007112437eb7.jpgDSC00493_R_20151007112550a41.jpg
重量は218kとミドルクラス並みだが、R1200RTの274kから比べると当然軽く取回しも楽
本当に楽しいバイクとは? からF700GSに決定した訳だが、今は当然の事ながらお気に入りである
高速走行でのロングツアラーでは到底その乗り易さや至れり尽せり装置装備はR1200RTには適わないが、
本来バイクでどんな道(ステージ)でも気兼ね無く走れる事が重要でないか。そんな思いがF700GSに乗り最近強く感じる。
当初候補であるホンダNC750Xも念頭に有ったがどうしてもロードスポーツからの派生オフロード振り分けで、
オフ寄り尚且つシートの低さからF700GSに至った



納車から数日後の悲劇

9月5日に納車となったF700は当日で150km程走り
長雨の空いた日にF700で通勤。その頃会社の前では道路工事が実施されており道には酷い段差が有った
大型トラックが通るたびに地面が揺れるのがわかる・・・・
まして長い大雨の結果地面は柔らかくなってたのか・・・・
お昼近くのF700は正常にサイドスタンドで止めて有りそこに佇んでたが・・・・・
2時頃なんとF700はサイドスタンドでアスファルトをぶち抜き昼寝をしてた

DSC00487_R.jpg
完全にサイドスタンドを埋め尽くしたアスファルトの穴。
2人掛かりで起こそうとし周りのアスファルトの穴を広げても起きない・・・
そんな事をやってると数台のトラックが通り地面を揺らす。。。
これは雨の影響も有るがまさにサイドスタンドが振動ドリル現象を起こした可能性もある!
早速市役所に電話すると市の職員が来るが4人でもF700は昼寝から目覚めようとしない。
早速道路工事を中断し若い屈強な肉体の持ち主の人達5人が集まり無事昼寝から起こした・・・
工事業者責任者は保険で直しますから・・・・・と示談。一安心

DSC00494_R.jpg
コイツを枕にF700は昼寝をしてた

DSC00485_R_20151007112654f8f.jpg
初期点検の際ディーラーがタッチ修正をしてくれましたが見事に割れてます(部品調達中)
段差のある枕だったのでハンドルやその他は無事でした(多少サイドスタンドは傷がありますが解りません)

DSC00486_R_20151007112627595.jpg
そんな訳で今はこんな具合に止めてます。場所もアスファルトの厚い所へ(気休めですが・・・・)

これR1200RTだったら凄い事になってただろうと・・・・
普段はスーパーシェルパですが乾燥重量が111kgと軽量なので多分昼寝はしなかっただろう。
F700GSの厄日でした(笑)





Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/649-a79ef2a2

Comment

まさじ(ねぎちゃん改め)

復活、まってました。ってGS乗りになってるし・・・。
でも正当(理解しやすい)な選択ですね。

うちの息子もライダーになりました。今はセローを預けてます。
大型も取得済みですが、特に興味は無いようです。Wには乗りません。
Ninja250が気になってるみたいです。

(息子もねぎちゃんを名乗ってるので、まさじに変更です。)

  • URL
  • 2015/10/08 10:35

ヒロキチ

友人がCBX1000を新しいアスファルトに停車したら、
柔らかいアスファルトにサイドスタンドが沈んで、
同じような状態になりました。。。

バイクはいろんなことに気を使いながら乗るものだと、改めて思います。私もよくポカミスをやるので参考になりました。

kazu親父

CBXこれまた懐かしいバイクですね!
多分クランクケースから大地に接吻です。
CBXは二十歳の頃乗ってました記憶によるとアメリカ仕様でスピードメータがマイル表示それも多分80マイルまでの表示で高速道路では振り切ることが・・・・回転数で速度を大まかに把握してた覚えが有ります
当時の話で定かではありませんがアメリカ仕様が100psでヨーロッパ仕様が105psと聞いた覚えが有り
また、かなり幅広のUPハンドルだったのでヨーロッパ仕様の短いハンドルに変えました

稀に国内でもCBXを見かけますが、オリジナルのCBXが少ない気がします
1979年式に乗ってましたが後の1981年あたりからリアショックがプロリンクサスに変更なりました

この出来事でサイドスタンドAssyを物色中です

  • URL
  • 2015/10/09 11:38

kazu親父

親子でツーリング行けますね!
最近どうも重量に拘りどこにでも行けるバイクが良いかな・・・と
当分RTは乗らないので思案中です(笑)

お尻は一つですから・・・・
  • URL
  • 2015/10/09 11:42

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー