ノスタルジーな場所(栄枯盛衰)

原付2種ロングツーリング西(京都いっちゃん)へ計画したが、台風の影響で延期。次回は3連休を挟んで計画するが・・・・・・3連休の為か、いつもの京都宿泊先が一杯で都合がつかない。。
(いっちゃん)の近所は日本三大八幡宮の一つ。石清水八幡宮
連休ともなれば遠方からの宿泊客も大勢居るはず。


近場に宿は無いかと探すと橋本駅周辺京街道沿いに宿が有りました・・・・・・
詳しく調べると妓楼からの転業旅館が一軒!
そう此処は昔遊郭で栄えた所ですノスタルジックな思いが過る。。。



歴史を調べてみると
幕末期、倒幕運動が盛んなた安政5年(1858)、幕府は京坂間の警備を強化するため、橋本に陣屋の設置を決め。
突然の幕府の決定に、百姓、町人の地主は戸惑いながらも約5000坪の土地を幕府に召し上げられ、2年後の万延元年(1860)に橋本陣屋が完成していた。
慶応4年(1868)1月3日に勃発した鳥羽伏見の戦いで、大坂城で指揮していた徳川慶喜が6日早朝に海路江戸への退去を決定、警備の会津藩を残し中心勢力は大坂へ退去しはじめた
一方、激しくなる新政府方の攻撃に橋本の前線で防戦する幕府方会津軍は苦戦。加えて、淀川対岸の山崎陣屋地にあった津藩が新政府側に寝返り高浜砲台から会津勢に向けて火砲を打ち込み。
約4時間の撃ち合いののち幕府側は総崩れとなりました。この戦いにより橋本では約80数軒が焼失、陣屋も長州勢によって焼き払われたようです。

そして地域復興のために選択した遊郭復活。
宿場町であり石清水八幡宮参拝者など旅客相手の商業で賑わっていた橋本でしたが、明治5年の芸娼妓解放令と明治10年に淀川対岸に大阪京都間の鉄道が開通したことにより、旅客が激減します。遊郭復活は、住民生活に悪影響を及ぼすので地域にとってよいことではないのですが、急激な衰微に対して必要悪と考えられたようです。
明治20年に京都府の認可を受け遊郭区域が設定
明治30年には貸座敷7軒、芸妓9名、娼妓9名であったものが、昭和12年の全盛期には貸座敷業者81名、軒数66、芸妓3名、娼妓675名となっています。
しかし、昭和33年4月1日の売春防止法の施行により事実上廃業に追いやられました。
ソース(十三のいま昔を歩こう

喜怒哀楽に満ちた遊郭の面影が残る橋本へ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/629-ff68b60c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー