TDR125国産ヨーロッパ仕様(ファーストインプレ

125cc原付二種にしては大柄で250ccに間違われる車体。
東京から100キロ程自走してTDR125を持ち帰る。感想・・・・非力さをはっきり感じた
昔の2stエンジンのピーキーさは無く出足の低速トルクまで失ってるように思え
かつてのハスラー125やDT125とは比べ物にならない程
排気ガス規制により2stエンジン終焉最後の生き残りTDR125
(YAMAHAのイタリア現地法人であるベルガルダヤマハ製はそのボディに27馬力のエンジンを積んで販売されたと言われるが、後に日本国内で製造される)
2スト絶滅のきざしは排ガス規制の厳しい欧州から先に訪れていたようで、赤男爵で扱われていたTDR125(Eu)というかスイス仕様?はノーマル8psと悲しいほど抑制されていて、各種リミッタを解除してもEU仕様15psほどと、フルパワー27ps出ていた前期型の伊ベルガルタヤマハTDR(3SH)の半分程度。最高出力はYBRとあまり変わらない。

東京から帰ったTDR125とその車台番号
DSC04025_R.jpg DSC04012_R.jpg

次回TDR125(フルパワー化の道へ)めざせ25PS


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/546-9bdc7cd8

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム

ツリーカテゴリー