R1200RT ライトバルブ交換

日曜午後。少し暖かかったのでR1200RTで乗り出す
暖かと言えどもまだ山間部のワイディングは無理だろう
諦め東北自動車道佐野藤岡IC⇒北関東自動車⇒常磐自動車道⇒東京外環⇒関越自動車松山IC
(群馬→栃木→茨城→東京→埼玉→群馬)296.7kmを走った

帰路途中メーター表示にランプ切れ警告が表示されるが片目走行でも十分に明るい

バイク用品店で丁度PIAA製H7(2個入りセット)2割引きで5600円!最後の一個を購入
通常販売一個当たり5000円相当だったので買い得と言える。


R1200RTはカウルを外さないと交換が出来ない・・・・
カウル取外しの大まかな順序は

 タンク上部のキャリア(ビス4箇所)

DSC02988_R.jpgDSC02987_R.jpg

 左フロントアウターカウル(ビス4箇所&アクセサリー電源用カプラー外し)
 右フロントアウターカウル(ビス4箇所)

DSC02983_R.jpgDSC02981_R.jpg
DSC02982_R.jpg

 スクリーン(表ビス4箇所、スクリーン自体にビス2箇所)

DSC02979_R.jpgDSC02974_R.jpg

 左右ミラー(後方に引っ張れば簡単に取れる)→ メーター周りのカバー(ビス4箇所)  

DSC02972_R.jpgDSC02963_R.jpg

ここまで外せばバルブを交換できる
 スピーカーとメーターの下から覗くとバルブのカバーが見えるのでそれを外す

DSC02968_R.jpgDSC02969_R.jpg

DSC02964_R.jpgDSC02970_R_20100222233218.jpg

新品のバルブと外したバルブ
DSC02962_R.jpg

逆の作業でカウル等を組み付ける 


明るくなった

DSC02989_R.jpg

純正バルブ使用で十分に明るかったが今回は更に明るい色温度:4500K(ケルビン)


今までR1200RTに乗ってると

夜の高速道路で追い越した車数台からパッシングされる事がある(街中の対向車もたまにある)
車の後ろに停車した時も、眩しがられてる時もしばしば・・・・
ある時は前を走っていた乗用車等が車体をゆすって嫌がらせをする事も
「1200RTの光軸は上向きじゃないか?」とよく言われる。
確かに車検の光軸検査には合格しているのだが・・・・

調べてみたが、「上向き角度を重視する」日本の車検制度では、
現在の1200RTのライトは少し上向きになるようで
確かに後ろからライトを上向きにされて、追い越されれば「なんじゃこいつは!」と
ヒンシュクを買うかも知れない。

1200RTにはカウル内側(パネルの下)に照射角度を微調整するレバーがついてるので
もし自分で「上向き」が気になる方は調整して下さい。


逆を言えば安全かも・・・・・

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/514-ba504bf4

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー