人として繋がりの中で

  • 2009/08/25 20:46
  • Category: 日記
知識の教育が優先され、人として大切な情操教育(道徳教育)が疎かになり寂しい殺伐とした空気が広がっている

近年江戸時代、庶民は仏教・神道・陰陽道・道教などが結びつきあった独自の民間信仰に因る道徳観念を持っていた。
例えば庚申待ちは我々地元北関東でも盛んに行われ
身を慎むことから始まり、徐々に米や野菜、お金を持ち寄り、皆で飲食・歓談して過ごす楽しい集まりになって行き、さまざまな情報を交換し、農作業の知識や技術を研究する場でもあり、この集会を3年18回続けた記念に建立したのが庚申塔。
長寿や健康のみならず、家内安全や五穀豊じょう、現世や来世のことなどを祈り、それを碑面に刻んだ

DSds2497_Rr.jpgDSds2497_Rr (1)DSCsp160_Rr.jpg
DSCsp160_Rr (3)DSCsp160_Rr (2)DSCsp160_Rr (1)

日本の神道と仏教は融合しあう時代が続いていたが、慶応4年(=明治元年)に出た神仏分離令で、(「庚申待ち」・「お日待ち」)。仏教・神道・陰陽道・道教などが結びつきあった民間信仰は衰退して行く

そして、近代化を目指し社会構造が変革する明治維新と共に、教育勅語が
これは、西洋の学術・制度が入る中、軽視されがちな道徳教育を重視したものである。もちろん、西洋文明にも宗教(キリスト教)を背景とした道徳教育は存在するが、それを直接日本人に適用するわけにもいかず、かといって伝統的に道徳観の基本として扱われてきた儒教や仏教を使うことも明治新政府以降の理念からすれば不適切であった。このため、伝統的な道徳観を天皇を介する形でまとめたものが教育勅語とも言える。こうした道徳観は、伝統的な儒教とは異なるものであり、江戸時代の水戸学からの影響が指摘されている。


教育に関する勅語

 【天皇の歴史観】

 私、天皇が振り返って考えてみるに、神武天皇の建国は大変な偉業であり、歴代の天皇は道徳の確立に励まれていた。また国民も公的には忠義であり、私的には孝行であった。そんな皆が、心を合わせて美しい日本の姿をつくってきたのは、我が国の最も素晴らしい所である。教育というものも、この部分に由来しているのだ。

 【国民への命令】

 国民達よ。父母を大切にし、兄弟や夫婦と仲良くせよ。友人とは信頼を持って付き合え。自分を謙虚にして、人々とは博愛の心で付き合え。

 学問を習い、技術を身に付けよ。知識を深め、そして道徳を高めるだけでなく、一歩進んで、世の中の役に立ち、世界で活躍するのだ。

 道徳や法律を尊重し、大事が起これば迷う事なく公の為に働け。

 そのようにして、天地の続く限り、永遠に繁栄する日本国をつくってゆくのだ。以上の事を実行する者は、立派な国民となるだけではなく、御先祖様が立派であったことをも証明できるのだ。
 
 【結びの言葉】

 以上の言葉は、歴代天皇が教え伝えてきた命令である。

 私やその子孫である天皇も国民も、区別なくこれを守らなければならない。この教えは、どんな時代に当てはめても間違っておらず、どんな国に見られても恥ずかしくなく、立派な教えである。私も国民も常に心掛けて、同じように立派になるよう、切に希望する。


不幸にもこの教育勅語の理解を断片的、杓子定規に捉えてしまった結果 戦争では数多くの若い命を無駄に散らす事に・・・・

その当時の社会構造や風紀により捉え方が変わってしまったと言えるのか?
集団的思い込みの暴走によりその混沌とした流れを止めるべき手段は皮肉にも教育勅語の主、天皇の詔勅により終戦となる

初期の連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) の教育勅語改訂構想もあり、教育勅語の廃止は元々決定されていたものではなかったが、その後GHQは、廃止の方針を決めた。また、教育基本法の起案者の1人であった田中耕太郎も、教育基本法では教育精神的な規定を設けずに、教育勅語を初めとする文書類との棲み分けを図ろうとしていた時期もあるが、後に田中耕太郎は、自己の著書の中で、教育基本法が教育勅語の代わりとなったことを記してる

教育勅語は、神聖的なとりあつかいや朗読が既に止められていたが、1948年6月19日に衆議院では排除、参議院では失効確認がされた

しかし終戦で疲弊した国の復興の為、教育勅語の素晴らしい道徳教育が盛んに行われてた時代の人達は経済復興に尽力を尽くす

次第に教育は知識の教育に重みが増し、道徳教育は影をひそめ・・・・

時が流れ・・・物は豊かになり道徳を忘れた個人主義が台頭した
我々子孫の為今一度道徳教育をもっと真剣に考えなくてはならないと思う。
江戸時代庶民は自分達の繋がりで独自の道徳観念を築き上げ後世に残したのだから・・・・

先日富山県在住画家の大門先生と短い間雑談をし
ブログで大門先生が『こんな絵描き馬鹿でもなにかできることあるはず、諦めたらそれまで、今こそ何かを!!』を漠然と捉えていたが、何か一つ輝いたものが見えたかもしれない。

まだまだ、漠然だが何かをしなければならない

↓応援ポチを一つお願い致します
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ blogram投票ボタン

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/461-558f9778

Comment

松井大門

やるぞ~~~~~~~~!!!!
やろうね~~~~~~~~~~~~~!!!!!
  • URL
  • 2009/08/25 21:18

kazu親父

> やるぞ~~~~~~~~!!!!
> やろうね~~~~~~~~~~~~~!!!!!

ほんの小さな一滴でもいずれ必ず大きな海となる事を信じ進むべきでしょう
この親父は何も出来ない・・・しかし何か出来る事があるかも

れんげ

はじめまして?
いえ。今まで何度か訪問し、コメントチャレンジできずに
涙を流しながら、ポチのみで退散する事数回。
こ~~~んな立派な記事に、れんげのふざけたコメントなんて、恐れおおいでぇ~~~~す!
今も、変な事書かないようにと、指先ガクガクブルブル。(笑)
突然の暗闇でも目が慣れれば、ひとつの輝く星から視界はじょじょに拡がってきます♪
無数の輝き、放たれますように。 おじゃましましたぁ!!!
  • URL
  • 2009/08/26 19:51

kazu親父

> はじめまして?
> いえ。今まで何度か訪問し、コメントチャレンジできずに
> 涙を流しながら、ポチのみで退散する事数回。
> こ~~~んな立派な記事に、れんげのふざけたコメントなんて、恐れおおいでぇ~~~~す!
> 今も、変な事書かないようにと、指先ガクガクブルブル。(笑)
> 突然の暗闇でも目が慣れれば、ひとつの輝く星から視界はじょじょに拡がってきます♪
> 無数の輝き、放たれますように。 おじゃましましたぁ!!!

れんげさん
愛してますよ
薀蓄は、要らない。ただそれだけ

有難う!!!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー