反抗者ヘソ曲がり親父の疑問

今年18歳高校3年になる息子は普通二輪免許を取得し、事故も無く無事2年が過ぎた
バイク乗りの親父は、息子と一緒にバイクライフを送る為に(三ない運動)を無視し免許を取得させバイクまで与えた、世間一般で言うバカな親父だろう・・・・

いや、バカ親父と言われても良い。この親父には自分なりに親の教育権を主張しただけの事で、責任を教えたに過ぎない。

学校との間には息子の謹慎処分に対しての対立等色々有ったが無事3年生に。

そして、息子18歳・・・・・・
今度は普通自動車免許が取得出来る歳になった
これまた学校側のクダラヌ校則が、11月まで普通自動車免許の取得は許可しないらしい
捻くれ親父は思う。『また、学校の責任逃れかよ・・・・・・・・』

まてまて、冷静に考えると学校側ばかりに責任は無い
最近の親達は、私生活の指導まで学校に求める親が多く何事も学校に責任転嫁する親が多いらしい
いわゆる、『責任』を子供に教えられる親が少ないのだろう・・・・・・仕方ないかぁ?

免許を持つ(運転する)以上それなりの責任が伴うから

過去にその三ない運動やバイクの校則などこのブログのカテゴリーに記してある

学校は交通安全教育を行わないが、親父はこの2年間息子に教育した自負が有る
それが教育権。


また無駄な学校とのイザコザは沢山だ、息子も理解しただろう
親父は、また学校を無視しこの夏休みに息子に普通自動車免許を取得させてる

悪い親父だろうか・・・・・・?

去年の夏 捻くれ親父と息子でツーリング
DSC02115_R.jpgDSC02119_R.jpg

↓捻くれ親父に応援ポチを一つお願い致します
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ blogram投票ボタン



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/449-588e6c32

Comment

主婦らいだぁ

はじめまして。主婦らいだぁと申します。

色々と記事を読ませていただきました。

「3ない運動」は現在でも理不尽な運動だと私も思っております。
Kazuさんのブログを読んでいるとお勉強になる事が色々とありました。
反面、色々とおかしいのではないかと思うところもあり、コメントさせていただきます。

法律というのは確かに存在いたします。それに対し小さな社会での法律に上書きをするような「ルール」みたいなものは存在するのが現実社会です。
たとえば喫煙は20歳になってからと法律で定められておりますが、その場所によっては「喫煙所」というものが「ルール」により定められていることもあります。
「俺は20歳だから法律でタバコが吸えるんだよ!」といって所定の場所意外で喫煙してるという行動。
これはルール違反やモラルの問題となりますよね?
そういったルールは教育以外にも社会に出ても多々あると思います。
ルールというものは何かしらの目的を持って定められているのではないのでしょうか?

どうもKazuさんの主張は「法律で定められているのだから良いことだ」「学校?そんなものは関係ない」みたいなモラルを問われるような我侭に見られる部分があるように思われてしまいます。
過去の記事にも「息子は120キロで~~」云々な事が書いてありましたが、それも教育なのでしょうか?
とても「3ない運動」に反発するような人が書くような記事には思えないのです。そういった教育で「3ない運動」が無くなるとは全くといっていいほど思えませんね。
Kazuさんもライダーとしては大分スピードを出しすぎているようですが、そういった姿を見て子供も真似をするかと思います。たまたま事故が起こらなかっただけで、事故が起こってからでは遅いですよ。
子供は親を見て育ちます。私にもKazuさんと同じくらいの息子がおりますので、親の視線から見てそう思いました。

悪い親父だろうか・・・・・・?

という問いにはちょっと呆れてしまう部分もあります。
来訪者が多い割りにコメントが無いのは、他の方も呆れてらっしゃるのかもしれませんよ。

失礼なコメントを書いてしまったと思いますが、同じライダーとして黙っていられませんでした。
お許しくださいませ。
  • URL
  • 2009/08/06 02:29
  • Edit

kazu親父

> はじめまして。主婦らいだぁと申します。
>
> 色々と記事を読ませていただきました。
>
> 「3ない運動」は現在でも理不尽な運動だと私も思っております。
> Kazuさんのブログを読んでいるとお勉強になる事が色々とありました。
> 反面、色々とおかしいのではないかと思うところもあり、コメントさせていただきます。

はじめまして!いらしゃい。kazu親父です

> 法律というのは確かに存在いたします。それに対し小さな社会での法律に上書きをするような「ルール」みたいなものは存在するのが現実社会です。

御尤もです

> たとえば喫煙は20歳になってからと法律で定められておりますが、その場所によっては「喫煙所」というものが「ルール」により定められていることもあります。
> 「俺は20歳だから法律でタバコが吸えるんだよ!」といって所定の場所意外で喫煙してるという行動。
> これはルール違反やモラルの問題となりますよね?

このご意見も御尤もですが、『三ない運動』の可否または、不当か正当かの問題とは次元が全く違うと認識してます

> そういったルールは教育以外にも社会に出ても多々あると思います。
> ルールというものは何かしらの目的を持って定められているのではないのでしょうか?

以下にブログ中の記述事項をコピペします↓
「社会あるところ法あり」という法諺があり、とりわけ、その社会が特定の目的を持つ団体である場合、その内部で特別なルールが規定されることは社会経験上当然そのため、各学校はその目的を達成するため必要な事項を定めて、学生を規律することができる。したがって、高校が校則を制定することは許されるが

校則による私生活規律の可否については問題がある

家庭生活の領域は親の教育権の範囲内にあるため、本来は学校の教育権が及ばない

> どうもKazuさんの主張は「法律で定められているのだから良いことだ」「学校?そんなものは関係ない」みたいなモラルを問われるような我侭に見られる部分があるように思われてしまいます。

以下のカテゴリーを良く読んで貰えたでしょうか?

├★高校生バイク三ない運動 (18)
├★バイクに対する校則を考える (7)
この問題はただ単に「法律で定められているのだから良いことだ」「学校?そんなものは関係ない」
と明記してる訳では御座いません問題を広く定義し本質は何かを求めてます

学校側の責任であるが故その『三ない運動』を推進するもので本来親のしっかりした責任や教育が有れば『三ない運動』は要らないと訴えてます

また、親も教条的や杓子定規的な考えでは問題です


> 過去の記事にも「息子は120キロで~~」云々な事が書いてありましたが、それも教育なのでしょうか?

決して高速道路を120キロで走るように教育はしません
例えば「主婦らいだぁさん」は法定速度30キロや40キロの所をその速度で走ってますか?
この親父は走ってません。車にしてもバイクにしても流れに合わせ走りますから速度超過になります

そして人で有る以上完璧で無い親父ですが、教育は断片的に判断せず、柔軟な姿勢で望もうと努力をしてるつもりです

> とても「3ない運動」に反発するような人が書くような記事には思えないのです。そういった教育で「3ない運動」が無くなるとは全くといっていいほど思えませんね。

前にも記述しましたが『3ない運動』は学校側が推奨する事は仕方無い側面を持ってます
あくまでも、親の教育責任に属する事なのです
そして、ルールとは人が決めた物、それが絶対とは言いきれません、変わって行くルールも有ります
そこに有るルールに疑問を持つのも自由です。またそれを断片的に捉え判断するのも自由です
従ってそんな親父でも『三ない運動』について書く事も自由だとおもいますか・・・

> Kazuさんもライダーとしては大分スピードを出しすぎているようですが、そういった姿を見て子供も真似をするかと思います。たまたま事故が起こらなかっただけで、事故が起こってからでは遅いですよ。

ライダーとして34年間、未だに、人様に迷惑を掛ける事故は起こした事が有りません
そして、世間一般で言う暴走行為は無いと思ってます
「主婦らいだぁさん」が暴走だとおっしゃるなら仕方有りませんが

> 子供は親を見て育ちます。私にもKazuさんと同じくらいの息子がおりますので、親の視線から見てそう思いました。

勿論、親の姿を見て育つ子供達です
有る時は子供に教育される事もしばしば 自分の考えが正しいとは言いきれません。常に自問自答し本当にこれで良いのだろうかと考える事が重要です
子供を尊重し互いに成長です。自分(親)が絶対的だと思う事が間違いになりますから

> 悪い親父だろうか・・・・・・?
>
> という問いにはちょっと呆れてしまう部分もあります。

此処が重要です完璧な人間では有りませんから常に疑問を持つ事が大事ではないでしょうか

> 来訪者が多い割りにコメントが無いのは、他の方も呆れてらっしゃるのかもしれませんよ。
>
> 失礼なコメントを書いてしまったと思いますが、同じライダーとして黙っていられませんでした。
> お許しくださいませ。

あくまでも個人ブログで自分の考えや思った事を書いてます
読者の方々にコメントを頂きたい目的だけで書いてるつもりは有りません(勿論コメントを頂く事は嬉しいです。)

人其々考え方や思いは千差万別です。こんな馬鹿な親父が居ても良いと思いませんか?

「主婦らいだぁさん」もライダーでありブロガーなら是非伺いたいと思います

katsumor

kazu親父さん.主婦らいだぁさん.こんばんは.

横から失礼します.
私は、独身で子供もいないので教育のこととか
は分かりませんので、それ以外で少しだけコメント
させてください.

私は、バイク暦が浅くヘタッピライダーです.
kazu親父さんとはブログで知り合い、この間、初めて
実際にお会いしご一緒させていただきました.

数時間、kazu親父さんの後ろを走り、休憩中には
バイクの乗り方のアドバイスを頂き、いろいろと
勉強させていただきました.
息子さんも最初のころは、きっとこんな感じで
走っていたんだろうなぁなどと感じました.

決して暴走親父では無かったですよ^^;
法定速度はちょっと??だけオーバーしてましたがw
紳士的な方でした.

文章って面白いですね.
読む人によっては、
「ルールなんか守らなくていい」
「スピードは出せるだけ出しちゃえ」
ってな感じに見えちゃうのでしょうか.
でも、一度お会いしてお話をさせていただいた後では、
そんな文脈には見えなくなります.不思議ですね~.
傍若無人な振る舞いをしているように、主婦らいだぁさんに
映ったのであれば多分誤解のような気がします.

お二人のコメントを見ていて感じました.
どちらもお子さんのことを真剣に考えている
立派な親御さんなんだなぁって.
  • URL
  • 2009/08/07 01:06

kazu親父

また、近いうち行きましょう!!
今度はお連れさんと。親父は90ccHS1で (笑

Lemures

始めまして。
群馬県内の公立全日制高校に通う17歳です。ちなみに男です。PNはLemuresです。

コメントなんですが、息子さんの2泊3日のツーリングの記事とこの記事を見て書かせていただきました。

私も、バイクを楽しみたい、でも3ない運動の影響で出来ずにいる高校生の1人として、
愚痴っぽい上に非常に長いコメントを書かせて頂きました。すみません(汗
最後まで読んでいただければ幸いです。

まずは実体験から書かせていただきます。
住まいは前橋のとある所なのですが、
珍走団まがいの集団が週数回は来ます。
よりによって自宅の周りだったり、学校の周りだったりするので、周囲の大人たちのバイクに対するイメージがかなり良くないです。事故や違反も自転車より目立ってしまうからでしょうか?
周りの同級生も案の定、免許所得間もないうちに謹慎処分を食らってしまってました。
更に酷いのは、私の通っている学校では、非行(未成年喫煙など)を警察や教師に現行犯で見つかって厳重注意/謹慎1週間強(私の知っている範疇です。おそらく保護者は呼ばれたとは思います)程度なのに対して、
原付免許は取ったことが学校に伝わっただけで、その時取った人たちは、謹慎を1ヶ月強も食らっていることです。
ちなみに中型は教習を受けている時点で謹慎処分(原付より重いかも・・・)なので、取ろうとする人すらいない状況です。
非行はしっかり法律で禁止が定められているのに、合法な原付/中免の処分の方が重いのは何故でしょう・・・

純粋にバイクを楽しみたいと思う高校生や、遠距離通学している高校生にとっては、本当に酷な環境です。

とは言え、確かにバイクでの騒音被害等々が少ないとは言えず、自己責任とモラルを持ってバイクに乗っている若年層ばかりとは決していえない状況ではあります。

しかし、だからこそ中高生のうちに自動二輪/四輪の正しい知識をしっかり叩き込む必要があると私も思います。

このままでは本当に「高校生+バイク=不良」の方程式が完成してしまうのではないでしょうか。
少なくとも、ツーリングまではいかなくても、事情があって仕方なくバイクに乗っている人や、隠れてバイクを正しく楽しんでいる人たちがいるはずです。
そんな人たちの面子まで潰れてしまったらと思うと気が気でなりません。


私の知り合いに元ツーリストの方(歳は40半ば)がいるのですが、やはり高校生のうちにRZ50やMBX50などに乗っていたそうです。(学校では色々とあったそうですが・・・)
その方もやはり、高校生のうちに正しいバイクの知識を教えるべきだと言っていました。
その方とは私が高校生のうちにツーリングをしようと言っていたのですが、免許を取って謹慎や停学で進路や勉強に影響があると考えると叶えられそうもありません。

免許を取りたいと思っても、将来を考えると、学校の圧力に負けてしまっているのが現状です。


結論としては、息子さんのように、高校生のうちからバイクを楽しめて、ツーリングに参加できる環境があることに、私はただうらやましく思う限り、ということです。

それに、私自身の信念/執念の浅さ、非力さも思うと、本当に情けないです。

「中高生とバイク」というのは現代でも社会の脅威としてあり続けなければならないのでしょうか・・・
どうにかしたいと思っても、ひとりでは何も出来ないのが悲しいです。

すみません、本当にコメントとは言えないですね。
ただの暗~い愚痴でした(;^_^A

もし機会があるのであれば、ぜひお会いしたいです。教えて頂きたいことはたくさんありますので。
  • URL
  • 2009/09/23 06:28

kazu親父(a soft breeze)

はじめまして、いらしゃい。
息子と同年代と言う事でコメント嬉しい限りです
完璧な答えとなりませんが、親父の考えを幾つか抜粋して


> 珍走団まがいの集団が週数回は来ます。
> よりによって自宅の周りだったり、学校の周りだったりするので、周囲の大人たちのバイクに対するイメージがかなり良くないです。事故や違反も自転車より目立ってしまうからでしょうか?

バイクに対する一般的なイメージは強いもので、ある意味娯楽性の高い手軽な乗り物です
その反面実用にも威力を発揮する事も事実です
さて、そのモラル無き成人暴走族・旧車「會」(珍走団)は、ライダーとして認めてません
彼等はその『三ない運動』の真っただ中に育ち本当の教育(道徳教育)を親や学校から受けなかったと言っても過言で無いと思います。何故ならば、以下に過去ログから抜粋します

嘘も育て、閉ざされて行った眼『三ない運動』

三ない運動は大半の県で今も行われているが、運動に入った時点で、実はバイク以外のものも、取り上げたり捨ててしまったとも思える
この時捨てられたのは、生徒達に向けるべき、教育や愛情の一部 例えば三ないと言いながら免許取得者も居る こうした公然の事実から目を逸らさない、人間としての勇気や行動等である
運動は誠実さを教師と学校と家庭から取り上げてしまった
奇妙な事だが、生徒とバイクに関する現実を見ない眼は、人間としての生徒の生活部分を見る眼とも関わって来る・・・そして罰則中心へと

三ない運動は教育だろうか?
禁止する事からは何も生まれず、矛盾を生み育ててしまう
取り組む事を忘れてしまう『三ない運動』。



バイクと言うと反射条件のように『暴走族』と言う言葉を口にする人が居る。一度世の中に染み渡ってしまうと、おいそれと拭いされない連想言葉の代表みたいなもの。これと同じように、『三ない運動』もバイクを話題にする時の代名詞のようになってしまった
そのような言葉は、おおむねバイクに乗らない、乗ろうとしない、あるいは関心を持たない口から発せられる。この連想は有る意味では正しい側面を持ってる。しかし大きな誤解も含み、そしてその誤解は簡単には解けない。
誤解してる人達はそれが誤解と気づいてないから・・・・・・

> 周りの同級生も案の定、免許所得間もないうちに謹慎処分を食らってしまってました。
> 更に酷いのは、私の通っている学校では、非行(未成年喫煙など)を警察や教師に現行犯で見つかって厳重注意/謹慎1週間強(私の知っている範疇です。おそらく保護者は呼ばれたとは思います)程度なのに対して、
> 原付免許は取ったことが学校に伝わっただけで、その時取った人たちは、謹慎を1ヶ月強も食らっていることです。
> ちなみに中型は教習を受けている時点で謹慎処分(原付より重いかも・・・)なので、取ろうとする人すらいない状況です。
> 非行はしっかり法律で禁止が定められているのに、合法な原付/中免の処分の方が重いのは何故でしょう・・・
>
> 純粋にバイクを楽しみたいと思う高校生や、遠距離通学している高校生にとっては、本当に酷な環境です。

その旧弊な『三ない運動』は、ある意味に於いては間違った考えでは無い事を明記して
バイクに対する校則で裁判の判例が幾つかあり、学校側の勝訴と敗訴で別れてます
勝訴無場合は、その生徒が無免許であったりその過程に大きく左右されてます
勿論、学校側敗訴の場合は免許も有り親の同意の元で純粋にバイクに乗ってた場合でした

そして一番重要な事は安全に純粋にバイクを楽しみたければ保護者を説得し責任の在り方やその所在を明らかにし学校側に法務局確定日付の文章で提訴する事が一番の得策だと思います
この親父にも今年16歳になる娘が居て群馬県立桐生女子高に在学中です
彼女がバイクに乗るか乗らないかは、本人次第ですが、先に述べたように

「社会あるところ法あり」という法諺があり、とりわけ、その社会が特定の目的を持つ団体である場合、その内部で特別なルールが規定されることは社会経験上当然そのため、各学校はその目的を達成するため必要な事項を定めて、学生を規律することができる。したがって、高校が校則を制定することは許されるが

校則による私生活規律の可否については問題がある

家庭生活の領域は親の教育権の範囲内にあるため、本来は学校の教育権が及ばない


この事を踏まえ親がバイク乗りで有るが故その県教育委員会推薦の『三ない運動』に異議を問い
むやみにバイクは悪い物と教える事を阻止したい考えで居ます

この事により子供の将来(就職や進学)に影響を与える学校は有りません
親や子の責任の所在がしっかりすれば問題は無いと確信をしてます

最後に高校生は勉強が本文だと言う事をお忘れなく


> もし機会があるのであれば、ぜひお会いしたいです。教えて頂きたいことはたくさんありますので。

いつでもどうぞ同じ県内なので!
  • URL
  • 2009/09/23 18:33
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー