青春時代小さな見果てぬ夢(RE5)

1976年のティーンエイジャー時はまさしく日本バイク歴史上に残る黄金期であった

過去のブログより
実は、BMWは1970年後半に「モーターサイクル生産を継続するかどうか」の決断を迫られている。空冷ボクサーの需要が年々下がり、業績が悪化していたのだ。その影にあったのが、日本車の存在と将来確実に厳しくなるだろう「規制」。BMWは、1960年代まで英国車の「トライアンフ」や「BSA」などとビッグバイクの主要マーケットであったアメリカで大きなシェアを誇っていた。しかし70年代に入り、日本からホンダの名車「CB750フォア」やカワサキ「Z1」が登場し、状況は一変した。その圧倒的な性能と、低価格はBMWをはじめ「トライアンフ」や「BSA」との差を決定的なものとし、みるみる業績を悪化させていく。結局、3気筒などのエンジンで対抗しようとした「トライアンフ」や「BSA」は日本の技術力に屈し、瞬く間に倒産に追い込まれてしまった。

2サイクルメーカーであるスズキはこの時期新たなロータリープロジェクトを立ち上げ
その計画は第1次オイルショックにより、膨大な技術者の努力や資金をつぎ込んだが水泡の如く消え去る運命となる
しかし、後に2サイクルから4サイクルに移行するスズキにとって数多くのレシプロエンジンの技術の糧となり今尚その技術は受け継がれてる


ロータリーエンジンは、ピストンが上下する通常のレシプロエンジンとはまったく異なり、三角おむすび型のローターが繭型のハウジングの中を回転する構造を取っている。ローターとハウジングのすき間が燃焼室になり、ローターの回転に伴って吸気→圧縮→爆発→排気という4サイクルの燃焼行程が行なわれる。特性としては4サイクルよりも2サイクルエンジンに近いと言われ、NOxの排出がが少なく、HCが多いのも同じ。

ロータリーの特徴はエンジンサイズがコンパクトで、振動が少ないこと。考えようによっては二輪に最適なエンジンともいえる。しかしコンパクトといっても膨大な熱に対する冷却装置などが必要になるため、250cc単気筒エンジンのようにはならないと考えられる。

多くのメーカーがロータリーを断念したが、数少ない市販にこぎつけたメーカーのひとつがスズキ。1974年に500ccシングルローターの二輪車「RE5」を発売した。マツダと同じようにNSUバンケルから基本特許を購入し、さらにマツダから周辺特許を受けて完成させた。それでも開発は苦労の連続で、何度もドイツのNSU社へ飛んで行ったという。

RE5のデザインはイタリアのジウジアーロが手がけた。当時としては非常にあか抜けたスタイルにまとまっている。また、日本国内でも販売すべくスズキは努力したが、排気量換算の問題が解決されず、国内販売を断念(当時、750cc以上は国内で販売されなかった)。輸出専用のモデルとなった。

しかしRE5は短命に終わった。その理由は性能や信頼性ではなく、オイルショックだった。スズキの他、日産やいすゞ、トヨタ、ヤマハ、海外ではメルセデスベンツ、ポルシェなどもロータリーを開発していたが、ほとんどはオイルショックのために断念している。マツダもこれで苦労したが、当時は「ロータリーは燃費が悪い」というイメージが非常に強かったためである。

スズキロータリーバイクの開発にあたり

 設計のねらいとして,
1)レシプロエンジンの750ccに匹敵する性能を有するツーリングモデルであること
2)信頼憧,生産性,経済性,サービス性及び安全性を十分考慮したエンジンであること
 以上のねらいを追求した結果,単ロータ,水,油冷却方式,単室容積497ccの基本レイアウトとした.
以下参考資料
http://www.iom1960.com/gs-kaihatu/re5-1.html
http://www.iom1960.com/gs-kaihatu/re5-2.html

RE-5G.jpg

本日後期型北米輸出仕様を見て来た
帰国したRE5は既に35年近くの歳月が経ってる。しかしそのエンジンは今尚元気に動く
RE5は旧車で人気が高いスズキGT750後期と同じ世代である その姿はスズキの威信と技術の粋が所狭しと詰まったバイク・・・・・数奇な運命に翻弄された数少ないバイク。


↓見果てぬ夢を膨らます親父に応援ポチを一つお願い致します
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/445-453042e4

Comment

QZA

殆ど見かけることのないバイクですが昨年の秋、高崎の観音山付近でオレンジ色のRE5が走っていてびっくりしました。

凄いのに乗ってるな~と感心しましたね。
  • URL
  • 2009/08/01 11:04

kazu親父

> 殆ど見かけることのないバイクですが昨年の秋、高崎の観音山付近でオレンジ色のRE5が走っていてびっくりしました。
>
> 凄いのに乗ってるな~と感心しましたね。

乗って見たい一台です・・・・が、体は一つ場所も問題一時は購入も考えましたがHS1の乗って気持ちが吹っ切れました
控えめな宝(HS1)が有る事に (笑

数奇な運命で有るが故、ロマンですねぇRE5

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー