思い立ったら吉日スーパーシェルパと共に

世間様は休日・・・・親父は珍しく仕事が有り晴れ間を憎みながら仕事をする
仕事も終わり、時間を見ると午後3時過ぎ 空模様も少し怪しいが思い立ったら吉日
気持ちは(バイクに乗りたい!乗りたい!)と言う事で、スーパーシェルパと共に

午後3時半出発

DSC01838_R_20090705211159.jpg

何処へ行こうか決めずに思うがままに・・・・・・(恒例の作業服(仕事服)ツーリング)
国道より県道かそれとも林道か???

それなら民家や往来の少ない山道を通り石仏でも見に行こうか・・・・と思いながら出かけた


国道を避けローカルな道を選び山間林道(林道と言っても今は舗装が多い)を抜け
始まったツーリング
バイクに乗り始めたら引き返す事を忘れ、後半は夕闇と霧の立ち込める峠(粕尾峠)に突入し山越えをする
yamayama.jpg

序盤はシェルパでトコトコ走り目に付いた物を見つけては止まり
眺めたりの旅である


国道122号を走り途中県道334号に入り山間部を走る
この辺は山の斜面が急な地形何本かの落差に因る小規模水力発電がある
対照的なオブジェだと思う単純な親父。。昔の庚申塔と発電用落下水配管

DSC01839_R_20090705220937.jpgDSC01840_R.jpg

道を隔てた向こうには発電所

DSC01841_R.jpgDSC01842_R.jpg

しばらく走り
石像郡が現れる、日本人特有の宗教融合で様々の石仏が有る
庚申塔、お日待ち(二十三夜)、供養等など等
観音様は良いお顔してますね、なんとなく気持ちが和む

DSC01843_R.jpgDSC01844_R.jpg

次第に山が深くなる

DSC01845_R_20090705223011.jpgDSC01847_R.jpg

大きな杉
説明の看板に有る様に今でも、この村は庚申をやってるのか疑問
先代達の足跡http://kaze-hikaru.com/tannboutop.html←親父の素人薀蓄ですが見てください

DSC01849_R.jpgDSC01852_R_20090705223207.jpg

この杉の周りには沢山の古い庚申塔が有る・・・朽ち果てた塔や・・・

DSC01848_R.jpgDSC01853_R_20090705223847.jpg

この先にも様々な民間宗教の跡が
石仏の割合には人家がまるで少ない

DSC01854_R_20090705224109.jpgDSC01855_R_20090705224115.jpg

さて林道に突入しよう
林道を整備してるようで、この先は進めませんでした

DSC01864_R_20090705224307.jpg

Uターンして再び県道334を
途中、岩穴観音とかが有るらしい見に行こう
昔、境内の舞台だったのか今は廃墟になりつつ・・・

DSC01865_R_20090705224858.jpgDSC01866_R_20090705224904.jpg

観音堂

DSC01871_R_20090705225729.jpgDSC01878_R.jpg

此処にも仏教・神道・陰陽道・道教などが結びつきあった民間信仰跡が有り衰退して行く
現代人が何か精神的道徳的な事を忘れたかの如く風雪に朽ち果てるのか?

DSC01868_R_20090705225743.jpgDSC01880_R_20090705230304.jpg

もう山間の民家は殆ど無くなり、風雪に耐えた庚申塔郡が現れる

DSC01886_R.jpgDSC01887_R.jpg

小平側最後の大きな民家(もう空屋かも?)を後に山間の林道に入る

DSC01889_R.jpgDSC01890_R.jpg

山々を望む林道。太陽が低く雲も多い

DSC01891_R.jpg

林道と言えども舗装道路
貸切のワイディングロード(枯れ枝や小石は多々有るが)

DSC01894_R.jpgDSC01895_R_20090705231933.jpg

太陽が低く心なしか寂しい林道

DSC01899_R.jpg

やっと民家が見え始めた
あの向こうの山を走って来た、山間の田園を眺め暫し落ち着く

DSC01902_R_20090705232624.jpg

渡良瀬渓谷鉄道(旧足尾線)神戸(ごうど)駅にて
20分位駅に佇み時刻は6時になろうと


DSC01918_R.jpgDSC01917_R.jpg

此処で半分気持ちは固まった
まだ走り足りないのだ・・・(笑

このまま国道122号に出て今一度鬱蒼とした山間の峠を走ろう!暗くなってもシェルパは走る・・・・・・
大丈夫だ行こう!!足尾から粕尾峠を抜け帰ろうと決意する



国道122号から足尾を目指し粕尾峠へ

DSC01920_R_20090705234943.jpg


夕闇と霧の立ち込める峠(粕尾峠)に突入

しかしねぇ暗い峠で、トラブルあったらどうするの??親父よ。。。。

そんな、事たぁ考えないで行ってしまう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

粕尾峠難所中盤

DSC01921_R.jpgDSC01922_R_20090705235742.jpg

ここから暗くなり撮影の余裕も有りません(汗

暗くなりつつ粕尾峠の難所

58箇所のコーナーが、いろは坂並

走らなければ峠を越えられません

まして、枯れ枝や濡れた路面で狭い道・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


無事難所を抜け広い道に後はゆっくり一般道で帰宅するのみ(午後7時10分)


DSC01923_R.jpgDSC01924_R.jpg

無事生きて峠越えを果した、むさくるしい親父・・・・と頑張ったスーパーシェルパで記念撮影

DSC01928_R_20090706001655.jpg


帰宅時間と走行距離

DSC01929_R.jpg

世間一般常識で考えて午後3時30分からのツーリングする奴は馬鹿者親父しか居ません

でもね・・・・・・・バイクに乗ったら楽しくて、もっと乗りたい遠くへと欲が出てしまうのです

そんな親父でも良いじゃありません??



↓いつまでも幼い気持ちの親父に応援ポチを一つお願い致します
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ






Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/429-ab691bb6

Comment

ねぎちゃん

>世間一般常識で考えて午後3時30分からの・・・

確かに、帰路につく時刻ですよね。

近所に良いところ、たくさんありますね。復帰したらトレースします。(もっと早い時刻から)

  • URL
  • 2009/07/06 14:32

松井大門

ココこんな感じの駅他にもまだアルのかな???
絵になるよ~~~~~!!!
  • URL
  • 2009/07/06 15:48

kazu親父

灯台元暗し

あの辺、じっくり周ると色々と再発見が出来ます
実は良い所なんです。過去の光輝いた歴史、暗い歴史も有りますが・・・

kazu親父

先生有りますよ
あの駅は旧足尾線で現在渡良瀬渓谷鉄道となってます
その旧足尾線の駅は殆どがこの状態です

景色も良く良い所です・・・・・

しかし、日本初めての公害発祥の地としても有名ですが

katsumor

3時半に出発ですか.
そのころ私は、293号の田沼あたりのセーブオンで
コーヒーを飲んでいました.雨が降りそうだったので
早めに家路に着いちゃったんですよね.晴れていたら
すれ違ったかもしれませんね.

粕尾峠から古峰ヶ原方面に向かう道は、最近開通した
ようで、この前走りましたが結構気持ち良い道でしたよ.

なかなかタイミングが合わなくてご一緒できませんが
梅雨があけたら是非ツーリングお願いします.
  • URL
  • 2009/07/07 00:37

松井大門

おはよ~~~~!
早くそこに行きたいよう!!!!!!
  • URL
  • 2009/07/07 08:43

kazu親父

是非ご一緒しましょう!


kazu親父

先生!!

まってるよ!!!!~~~~

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー