俺の親父。そして俺も親父に

  • 2009/06/30 18:41
  • Category: 日記
俺の親父

昭和元年(大正15年)12月生まれ84歳

84歳になる親父は前立線癌と診断され骨転移もしてステージD。
親父との思い出は何故か
昭和30年代当時の様子を鮮明に覚えてる・・・・・
自動車で良く連れられ出掛けたからだろう


マツダT600に乗る親父       幼少の俺と親父
DSC00929_R.jpg  DSC00928_R.jpg

この歳になっても何故かあの頃の想い出は鮮明に残ってる
国道と言っても砂利道が多く、信号も殆ど無い 5年半違いの弟は、まだ生まれて無い頃。

後に弟が生まれ家の遥か田んぼの向こうの線路からは蒸気機関車が消え電化となり
歳を重ねる事に民家が増え、往来の電車も見えなくなった

自分が小学校に入学した頃からだろうか・・・・・親父は凄く恐怖に思える時期が有った
今は、何で叱られたか思い出せないが、決まって叱られる時は箒の柄で殴られた記憶だけが残ってる。それは、恐怖としか言いようが無く、親父に甘える事など考えた事も無くお袋だけが、ゆいつの甘え所だったかもしれない。

小学校から中学そして高校になると体も大きくなり次第にその暴力は無くなった
しかし、親父への気持ちは変わらぬものが有り、上手く立ち回る事を覚えてしまう

そんな親父であったが、高校進学は勿論、二輪車や自動車免許の取得年齢になると、進んで免許を取らせてくれた

今、自分は親父になり子供達には手を上げた事が無い
叱るより、悟らせる事が大事ではなかろうかと思う。
これは逆に言えば自分の親父が居たからこそ、その考えが出来たのか?

先日、息子がアルバイトを辞める事を、息子の言葉から聞いた
良く聞いてみるとそれは、自分で判断出来ず就職か進学かの迷いと周りの影響から思いたった事だった
息子『就職準備等有るから・・・・・』
当然、親父の考えは息子の学力から見て進学等は無駄と思ってる
むしろ、職人になったほうが良いと。。
一番大事な事は折角この不景気にアルバイトとして使ってくれる事に感謝しなければいけない。
親父『中途半端で辞めるな最後まで、卒業するまで頑張れそれが今、お前に与えられた責任だから・・・・』と世の中、学歴等で人生が決まる訳でないのだから。むしろ生きて行く以上人間性が問われる。まだまだ、人生の勉強中親父はそう思う。




84歳になる親父に弟は
『もう、よかんべ84歳だからなぁ・・・・・』と
親父は、少し笑いながら
『そうだなぁ・・・・・』と
今もって因業な所が有る親父に諭した言葉だろう。
しかし、言葉は少なくとも、兄弟の気持ちは同じだった
(苦しまずに迎が来て欲しい)ある意味残酷な考えだが本当に親を思う気持ちだろう

癌で苦しむより大往生して貰いたい本当の気持ちである


↓何も解らぬ親父(俺)ですが・・・応援ポチを一つお願い致します
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ





Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/424-90e3648e

Comment

hana

親を思う気もちって、大事やな~って思います
親との思い出も!!
  • URL
  • 2009/06/30 22:50

kazu親父

ちょっと暗い記事に
hanaさんコメント有難う

明日に希望を持って生きる事は良い事だと思うよね
そして良い思い出を!

こんばんは、読ませて頂きました。
 読みながら当時を振り返ってみると、うちの親父も私が二輪免許を取るって言った時、反対はされなかったな~(お袋は心配していましたが)。

私が仲間とツーリングに行く時は、ニコっと笑って「気を付けろよ」と、私の背中をポンと叩いて送りだしてくれた。

自分の息子が免許取得年齢に近づいた今、自分が親父と同じ立場になったら、同じようにしてやろうと思っております。

いつも穏やかで、周囲を気遣い、人にやさしい親父・・その影響でしょうか、いつしか自分も同じような感じに(苦笑)

kazu親父さんが文末に書かれた(苦しまずに迎が来て欲しい)と言うのは、まさにその通りだと思います。

激動のの時代を人にやさしく・穏やかに(苦労も多かったと、後に親類から聞きました)生き抜き、最後に意識が無くなってからも、数日間頑張り、(私たちに心の準備をする時間をくれたのは、最後の優しさだったと感じています)。

91歳4カ月で旅立った親父とその生き方を、私は誇りに思い・・たぶん同じような生き方をするでしょうね。

長文・乱筆失礼いたしました。

kazu親父

親を見て子は育つと言います

子供に対する愛情は其々変わった形で出て来ます

親父になった自分も自問自答しますが、つい自分本位な接し方になってしまうのも事実

子供に教育される事も、気を付けないと見逃してしまいます

そして混沌と言う言葉が正に現代だと思うこの頃
本当に難しいです

自分の思う事が本当に正しいのか疑問も有りますが
毅然とする事も大事かと・・・・

取りとめの無いコメントになってしまいましたが
お許し下さい

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム

ツリーカテゴリー