2サイクル2気筒90ccで霧降高原へ(頑張ったHS1) 

昨日は晴れツーリングには最高だった

今日は薄曇り・・・明日は 群馬「空っ風街道?望郷ライン」ツーリング晴れるだろうか?少し怪しい感じだ。久々に息子と出掛けようと思う
-----------------------------------------------------------------------

昨日、天気と2stの匂いに魅せられ霧降高原まで出掛けた。平日とあって残務やらで結局出掛けた時間は午後1時

時間のわりには充実したツーリングが出来、排気量が小さいとまた変わった景色が見られ発見もある・・・・HS1の場合(トコトコ)と言う表現では無いが・・・ビィーンンンだろうか(笑。信号待等であの2stオイルの焼ける匂い 久々にあの匂いが寝るまで浸付きなんとも言えぬ懐かしい若き頃を彷彿するツーリングとなった


-------------------------------------------------------------------
会社⇒田んぼ道⇒国道50号⇒国道122号⇒草木ダム⇒県道343号⇒国道122号⇒細尾峠×(落石や道荒により通行止め)⇒日足トンネル⇒国道120号⇒県道247号⇒県道169(青柳日光線)⇒霧降高原⇒大笹牧場   ⇒県道169(青柳日光線)⇒県道247号⇒日光東照宮参道前⇒国道120号⇒国道122号⇒日足トンネル⇒国道50号⇒田んぼ道(ガス欠)⇒自宅
-------------------------------------------------------------------
草木ダムにて
此処まで、122号は上り坂4速と5速を使い分けフルスロット
90ccだからねぇ・・・それでも車の流れには何とか付いていける範囲

DSC01405_R.jpg

車の流れには付いて行けるとは言ってもフルスロットは精神的にきついので草木ダムを渡り県道343号に入る。車の往来も極端に少なくなりHS1マイペース

DSC01406_R.jpg

草木ダムを左手に見て再び122号
まだ上り坂の国道・・・・
DSC01407_R.jpg

暫く国道122号を走り足尾を目指す
速度が低いので、先を急ぐ気持ちが無い
一度写真に収めたかった場所に停車し撮影。

この足尾町の向こう山間にそびえる堆積ダムは・・・

簀子橋堆積場

足尾銅山繁栄の下
1234kmの坑道が掘られ、今は雨水などがそのトンネルに染み渡り
水質の2次公害を引き起こす原因にもなってる
我々一般人はめったに見る事の出来ない所でもある

政治的匂いがプンプンし、簀子橋堆積場内部の写真撮影が古河社員に見つかれば敷地内で強制没収に逢うのは必須の事

汚染水(坑道雨水)を中性化した際、混入する土壌を広大な上流のダムに堆積させる
その後、中才浄水場浄場にて渡良瀬川に放出する

DSC01408_R_20090613113215.jpg

---------------------------------------------
此処で過去の貴重な画像を紹介してみよう
勿論この時ゲートが開いてたので古川鉱業の敷地内(不法侵入に当たるが真実を収めたいばかりに突入する馬鹿な親父)にスーパーシェルパで・・・・・
最終的には進入が社員に見つかり没収寸前だった画像。

その時の社員は酷い者で4人掛かりで身体検査はするで
温厚な親父?はついに切れ
『俺は不法侵入は認める。しかし真実を知りたいだけだバイクのナンバーでも控え刑事裁判でも持ちこめや!こらぁ!!!』
と言い放ちナンバーを控えさせ退散した

昔、多くの住民を苦しめた足尾銅山の鉱毒が、その下流に位置する渡良瀬川の漂流水を太田市は30%買って 我々はその水を飲んでいる
本当は今尚続く公害の原点である
時の流れと共に今はこの下流に草木ダムが出来有害物質はダムによっても沈澱作用し、あまり騒ぐ事も無くなったのであろう

驚く程の大きさの人口湖 赤く不気味なヘドロが見える 去年の撮影。

DSC01736_R.jpgDSC01737_R.jpg
DSC01738_R.jpgDSC01740_R.jpg

最も重要な写真はこれ
堆積場のオーバーフローした水を直接渡良瀬川の支流渋川に流してる。
今でも渋川は魚の居ない川である

DSC01739_R.jpgDSC01741_R.jpg

ヤマハHS1が製造され40年の月日が経過する
この簀子橋堆積場も40年~50年で簀子橋堆積場ダムは埋まってしまうが坑道は残る・・・・・・・

この親父はあまり足尾に踏み留まりたく無い気持ちは今も有る
なるべく早く通り抜けたい地域になってしまった

松木川渓谷は日本のグランドキャニオンと言われるが・・・・精錬の為昔は近隣の山木を伐採し、近年の煙害により急斜面の土や岩は当然雨で流れ落ちてしまった。。
自然でなく人間の仕業なんだよなぁ・・・・・今またその爪痕による後遺症で新たな砂防ダムの修復中である為進入できない

しかし、またいつかきっと行くのだろう・・・・・・・・・

----------------------------------------------------



さあ、足尾を抜け日足トンネルを目指そう!!


途中軽自動車が突いて来る・・5速ではパワー不足4速全開にてしばらく走る
メーターを見ると80km/hじゃねえか。。。これが限界(涙

後ろに付かれ追い抜きも掛けて来ない・・・トンネルはきついなぁ~と考え細尾峠(足尾峠)に入る為右折。

DSC01410_R_20090613113232.jpgDSC01411_R_20090613113239.jpg

しか~しバリケードがあり細尾峠は通行止め
HS1じゃあ無理。
断念し再び日足トンネルを通る事に
日足トンネルを抜け国道122号線から120号に日光市へ
ふと道脇を見ると街中の庚申塔群
つい最近のブログ記事6/10の些細な発見にも書いたが地方により庚申塔の形は様々である
日光方面には角柱の庚申塔が多いと聞いた事がある
上部に月と日と雲が彫られ種子(凡字)、二拝猿 そして主尊には奉待青面金剛
庚申塔である元禄の時代も見受けられた
う~ん日光方面の庚申塔探訪もおもしろそうだ!!

DSC01412_R.jpg
DSC01413_R.jpgDSC01415_R.jpgDSC01414_R_20090613154312.jpg

日光東照宮前を通り、県道247号⇒県道169(青柳日光線)⇒霧降高原へ

霧降高原に向かう県道169は一昨年だったか無料となり最近ではバイクが非常に多い
休日ともなれば大笹牧場の駐車場はバイクで一杯だ
90ccで上り道路はやはり大変3速、4速とフルスロット・・・・・
HS1は真白な煙を残し坂を上って行く
ようやく頂上部に到着した

DSC01418_R.jpg

そう言えば昔『人間の証明』という映画が有ったそれに登場する地名『霧降高原』が此処

ここからは大笹牧場まで下り坂HS1には楽チン

大笹牧場にて

DSC01420_R.jpg

帰り道牧場の牛とHS1
こらから霧降頂上までが昇り坂
その後は地元まで下り勾配となる。HS1の試練も少し

DSC01421_R.jpg

日光市に再び入り、東照宮参道や社寺を見る

徳川家康が祀られる東照宮参道
DSC01424_R_20090613161352.jpg

「大猷院」は、徳川三代将軍「家光公」の廟所(びょうしょ=墓所)

HS1中心として3方向撮影する
後日この周りの庚申塔を探してみよう・・・・・
はたして庶民の祭り事の跡が見つかるだろうか?
DSC01425_R_20090613161439.jpgDSC01426_R.jpg
DSC01427_R.jpg

下り勾配の道を過ぎ関東平野へ
国道122号を走り大間々町。そうだバイク仲間『ねぎちゃん』が骨折で入院してる病院へ顔を出そう
まぁバイク事故で入院中の所へバイクで行くのも不謹慎だが行ってしまえぇ~~(汗

とにかく元気そうでなにより。。治ったらまたバイクに乗るそうで・・・・
退院したらまずセローに乗るそうで
親父はバイクの誘惑に誘う悪魔なのか。。。。。

一路帰宅道へ
自宅から数分の所 田んぼ道で

ガス欠~~

DSC01445_R.jpg

まあ、何とも悪運強き親父
女房が自宅に居たので車で迎えに来て貰い、車の窓を開けそれにつかまりバイクを引いて行く(笑)
田舎の田んぼ道だから出来る芸です。


走行距離218km
平均燃費28.3km


明日の天気は如何に!


明日もツーリング予定だ。









Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/408-d9967462

Comment

katsumor

「空っ風街道?望郷ライン」延期みたいですね.
バイク用のジャケットを持っていなかったので、
明日に備えて今日買って準備してたんですけど
残念です.

ジャケット無駄にしないためにも、
次の機会に、是非ご一緒させてください.
梅雨ってイヤですね( ´Д⊂ヽ
  • URL
  • 2009/06/13 17:36

kazu親父

今確認しました・・・・
延期で残念。。

また次回も有ります
御一緒しましょう!

まぁ単独で行く事もありますからマスばかりでなく機会あったら行きましょう!

松井大門

11月楽しみに待ってるね~~~~~!!!

親父さんも一緒に参加してね!!!!!
  • URL
  • 2009/06/13 21:51

kazu親父

行きますよ~~~

その前に先生の所奇襲掛けるかも。。。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム

ツリーカテゴリー