久々に走った林道。栗原川林道

4月末よりツーリングらしい事は何も無く・・・昨日珍しく走りました
まぁ、通勤はバイクですがね(笑)
最近野暮用が多く・・・乗れませんでした
一言!!野暮用より景気回復して早く忙しくなって貰いたい今日この頃。。。

偉そうな事を言ってる親父ですが昨日は仕事をサボり山へエスケイプ!
↓クリックして大きくなります
kuri_20090604160702.jpg

会社⇒太田市内⇒国道50号⇒国道122号⇒県道62号⇒栗原川林道⇒国道122号⇒望郷ライン(農道)⇒国道353⇒国道50号⇒農道⇒帰宅
約180kmツーリング
(赤城山を周回するコース)


今日も元気に出社。。
出社しながら季節の風物田植えの状況を写真に収めたのがきっかけとなり会社をサボリました
夜はカエルの合唱で賑やかな季節です
DSC01142_R.jpgDSC01144_R_20090604163838.jpg
いつものお気に入り風景。朝早く農作業と麦畑
この麦畑も水田に変わるも間近。
DSC01145_R_20090604164257.jpg




-----------------------------------------------------------------------------

昼が過ぎ曇り空にも関わらず何故か気持ちは落ち着かず
そんな時に限り来客が多い日でした
午後3時過ぎ
(曇った日暮れ時の林道も面白いだろうな~)と考えつつ事務員さんに遊びに行って来ると告げ飛び出しました(笑

国道122号を抜け県道62号(黒保根沼田街道・通称ネリ)へ
ここまで来ると結構寒い気温18℃!装備は社服にウィンドブレーカー・・・通勤と同じ服装。。

DSC01146_R.jpg

そんな事には、お構い無く林道目指します
黒保根村方面栗原川林道起点先に到着。
時刻は4時10分 会社から約1時間で到着 出発時のトリップメーターは凡そ30km前後なので50kmの距離(現83.8kmを刻む)。
此処から悪路の林道を走り切るのに2時間程掛かるが日暮れ前には林道を脱出出来るだろうか??

DSC01147_R_20090604165746.jpgDSC01148_R_20090604165808.jpg

10分も経過しない時反対方向からヤマハセローがすれ違う
手を挙げお互い挨拶・・・・
きっとこの時間から入る俺は変態親父と見られたかも・・・・・(汗

ようやく、新地林道との合流地点、右手が新地林道
皇海山(すかいさん)方面が栗原川林道となる 新地林道と栗原川林道を併走すると、なんとダートの距離は70km近くの林道になる(新地方面ゲートが開いてれば最高に長い距離)!
DSC01149_R.jpg

林道を1/5程進んだ地点
此処には新入禁止林道ではあるが、各林道が交差する地点

DSC01150_R_20090604171649.jpg

去年3月下旬に撮影した進入禁止林道(去年の3月下旬は残雪に敗退し引き返した)
実はこの林道も面白い(汗・・・・

DSC00500_R.jpg

先へ進み
曇り日の夕刻ながら、新緑の様々な色合いの緑が美しい

DSC01151_R_20090604173050.jpg

晴れた斜陽の林道がきっと美しい所だろう
しかし、その時間にこの場に居る事はさぞ帰路が恐怖になってしまう・・・
まだ半分もクリアしてない途中である

DSC01152_R.jpgDSC01153_R_20090604173414.jpg

尾根沿いを抜け谷の合い間に出る
この沢水が流れる地点は早春の頃残雪が流れ滞留する場所で無残にも残雪に敗退した場所である
また、大雨が続くと濁流が林道を飲み込み渡る事が不可能となるだろう
今は至ってのどかな感じ。

DSC01154_R_20090604173810.jpgDSC01157_R.jpg

暫く走り中間地点
皇海山(すかいさん)登山道 トリップは101.6km黒保根入口から18km付近
既に時刻は5時02分


日本百名山 皇海山(すかいさん)


 平安から鎌倉時代、日光を中心に庚申山、鋸山、皇海山など足尾山塊の山々は、勝道上人の弟子たちによって開山され、山岳仏教の修行地となっていったと伝えられる。
 江戸時代、庚申山の奥の院として、鋸山と合わせて信仰登山が盛んになってきた。明治26年には、東京の庚申講中によって、皇海山項東方に青銅の剣が奉納され、現在も立派に残っている。故深田久弥氏の登山記によると、皇海山は遠くから眺めた形から推して、昔は笄山(こうがい山)と呼ばれていたが、そのコウガイが皇開と宛字され、やがて皇海となり、皇はスメラとも読むところから皇海はスカイと呼ばれるようになったと伝えられる。
 皇海山は、故深田久弥氏の日本百名山の一座として、登山者から注目を集めるようになった。近年、群馬県利根村追貝の奥から栗原川林道が開放され、皇海山、鋸山への登山は時間が半分に短縮され、登りやすくなった。(沼田市HPより)


DSC01158_R_20090604174328.jpgDSC01162_R.jpg

中間地点を過ぎ、山は尚険しくなり林道脇の谷は深く絶壁状態がしばらく続く
ガードの無い所も当然の如く有る

DSC01164_R_20090604185555.jpgDSC01168_R_20090604190013.jpg

暫く林道は岩肌の出た道となり狭く心なしか下り状態
時間を気にしながら沼田方面へ急ぐ

伐採された木の向こうに民家が見え始め幾分安堵する

DSC01170_R_20090604190553.jpg

ふと見ると日本カモシカがこちらを見てる(笑
3匹目のご対面

DSC01174_R_20090604190930.jpg

久々の舗装道路とのご対面 林道の旅は終わり
走る感覚はまるで別世界で嵐の去った平穏な心持ちで路面を走れる

DSC01175_R.jpgDSC01177_R_20090604191507.jpg

林道が終わった時点のトリップメーター121.4km(38.6kmの険しい林道だった)
時刻は6時02分まだ明るい時点で無事林道を抜ける事が出来た

DSC01176_R_20090604191627.jpg

国道122号線を目指し給油し帰宅しよう
給油後、望郷ラインを走り赤城の西側から周り込帰宅しよう!!

DSC01178_R_20090604192225.jpgDSC01179_R_20090604192256.jpg


帰路途中赤城山西側では大粒の雨に打たれ南側になった頃には暖かくなり雨も降って無かった

帰宅は8時前。気分転換サボリ林道ツーリングは無事終了。














Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/399-8a0dbffa

Comment

U・BON

おはようございます。

さぼ林道ツーリング最高です!
38,6kmってこの辺じゃお目にかかれない距離
羨ましい限りです。

梅雨入り前、林道走るにはもってこいの季節ですね!
  • URL
  • 2009/06/05 10:37

kazu親父

お久しぶりです

この林道は毎年急斜面の雪が道を荒らし舗装にしたら毎年舗装工事が大変でしょうね

まだ残雪が残る時期に行くと所々、崩落箇所があります
今回もまだ小さなユンボが置いて有りました

群馬の山は険しいのでしょうかねぇ・・・

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー