バイク シーズンに向け

季節と共に気温が高くなり、エンジンオイルには過酷な時期。
そろそろ、R1200RTとVTR250は交換時期になる

dc042949_R.jpgdc042948_R.jpg

BMW R1200RT 走行距離7500km
ホンダ VTR250 走行距離16000km

BMW R1200RT

去年、BMW RT1200RTが11月下旬に納車後1000kmでオイルを交換(ケンドルGT-1 20W-50)
後に4000kmでオイルフィルターとオイルを交換する。
この時点(1000km~4000km)でオイルの消費はボクサーエンジンの特製と新車時の影響だろうか大凡0.1ℓのオイル消費が有った。しかしオイルの汚れは科学合成油から比べ格段の違いが有り
汚れは飴色で粘度もしっかり残ってた(パラフィン系ミネラルセッティング)の基油だからこそだろうか・・・・?
----------------------------------------------------------------------
パラフィン系基油と科学合成エステル基油の薀蓄

化学合成油の歴史は、戦後のジェットエンジンの進歩に合わせて開発された物で、米国がパラフィン系鉱物油の輸出に慎重になった結果、ジェット・エンジンの運用で危機感をつのらせたヨーロッパ勢が開発したのが、エステル系オイル。
ペンシルバニア州のブラッドフォード油田産出の原油(パラフィン原油)は 地質学的には他の原油(ナフテン原油)より数百万年古く、 化学的には他の原油には見られない天与の潤滑性能を持ってジェット・エンジンにも充分に使えるのでエステル系は不要だった。
----------------------------------------------------------------------

4000km時(3000km走行)
DSCd0238_R (17)

DSCd0238_R (18)

現在4000km交換時から7500kmに達し夏に向けR1200RTのエンジンオイル交換を予定する
3500kmを走行し今回のオイル消費は全く見受けられない
エンジンが馴染みオイルのシール性が功を奏し、ボクサーエンジン特有のオイル消費が皆無である

BMW R1200RTは納車からまだ夏を経験してないが結果を期待したい。


ホンダ VTR250

VTR250は一昨年の9月から乗り始め、真夏の経験は2度目となり
前回オイル交換は去年12月初旬11700km時点、今は16000kmを超え4300kmを既に走行し
丁度R1200RTの納車時期と重なる

BMW R1200RTとの違いはエンジンオイル&ミッションオイルが共有する
国産車の多くはこの方式が取られ、その他の大きな違いはVTR250は水冷、R1200RTは空油冷。

勿論VTR250も新車時からケンドルGT-1を使用してるが、今回から(10W-40⇒20W50)へ変更。
理由は、FJR1300とVTR250は共に水冷だった為10W-40のスペックで十分だった
R1200RTに乗換え高温側粘度スペックUPとなり、20ℓペール缶で購入してる。

ケンドルGT-1(10W-40)
DSC00149_R.jpgDSC00150_R.jpg

ケンドルGT-1(20W-50)
DSCd0041_R.jpgDSCd0043_R.jpgDSCd0044_R.jpg

VTR250もオイル交換から4000kmを過ぎてるが・・・今だ至ってエンジンフィーリングは良い
息子の言葉で『最近加速が良くなった・・・・』新車時からケンドルオイルを使用してるからだろうか?
1万キロを超えエンジンの当りが付いたのか?
カウル装着も功を奏して250ccで有りながら120km/hの巡航も楽である

科学合成オイルで3000kmを超えるとフィーリングが明らかに違って来るのが解るが
ケンドルに於いては全くその兆候が感じられない。むしろ3000kmから調子が良くなるようにも思われ錯覚をする
ただし、見た目のオイル汚れは、R1200RTよりFJRやVTRは多く感じられる(粘度は残ってる)
これは、素人判断に因るものだがミッションとエンジンオイルが共有の為だろうか?
空冷シェルパも水冷から比べると汚れは速い。

☆あくまでもこのオイルに関しては個人的見解と、今まで車やバイクに使用し感じ経験から成るものである
メーカー側の『ノーマルコンディションでは16,000km又は1年。シビアコンディションでは10,000km又は1年を推奨しています。(共に4輪を対象)』は納得出来るコメントだと思う
そして、実に意外で偶然20年以上前、人から貰ったTシャツが出て来た、なんとケンドルのTシャツでした。
http://www.kendall.jp/←ケンドル日本公式サイト

連休明けにでもオイル交換をしよう・・・・・

季節が良くなり、バイクの季節到来
林道やツーリング・・・・体は一つですが(笑)







Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/394-d1df3d74

Comment

ASPCA

ケンドルは鉱物油ですか?

確かR1200シリーズは1万キロ以内は化学合成油の使用は
ご法度のはずですが??

老婆心で御免なさい♪
  • URL
  • 2009/05/01 21:48

kazu親父

鉱物性ですよ~
以下にメーカーHPより
『Kendall(ケンドル)のベースオイルは、成分上「鉱物油(ミネラル)」に分類されますが、性能が化学合成油に匹敵するものについては「合成油(シンセティック)として表現することが公に認められています。
Kendall(ケンドル)のエンジンオイルには、鉱物油の良さを残しながらも、化学合成油に近い性能を持っているベースオイルが採用されています。』
  • URL
  • 2009/05/01 22:30
  • Edit

ASPCA

勉強になりました♪

オイルは奥が深いですね~!
  • URL
  • 2009/05/02 05:00

kazu親父

鉱物油で有名な(アマリー、オメガ、オベロン等)は米国ペンシルバニア州のブラッドフォード油田産出の良質な(パラフィン原油)を使ってたそうです
現在ブラッドフォード油田は枯渇し産出量が激減しました
しかし、アメリカ大陸の油田は中東の(ナフテン原油)と違い(パラフィン系原油)

確かに以前はペンシルバニア産原油が使用されていましたが、現在は違います。今日では、原油の精製(装置)技術が進歩し、原油の生まれや質にあまり頼らなくても高品質なベースオイルが製造できるようになっています。ケンドルはアメリカ合衆国産国で、アメリカ以外の第三国での生産は行われていません。
その為でしょうか、あくまでも基油はパラフィン系で精製によりパラフィンリッチタイプが出来る訳です

皮肉な事に米国がパラフィン系鉱物油の輸出に慎重になった結果、ジェット・エンジンの運用で危機感をつのらせたヨーロッパ勢が精製技術により天然ガスから開発したのが、科学合成エステル系オイルです

ブラッドフォード油田産出の原油(パラフィン原油)は希で化学的には他の原油には見られない天与の潤滑性能を持ってたのですね

現在日本に於いて店売りされてる(オベロン等)は非常に高価で、有名ブランドになるほどオイルは高くなります(中身よりブランド志向の日本的感覚でしょうか?)
そして、その米国産(アマリーやオベロン)は流通形態が特殊でなかなか店で手に入らないのが現状で
日本で精製可能な原油は中東からの物で科学合成オイルが幅を利かせるのもうなずけます

総論として、米国で産出精製された鉱物オイルは良品と言えるでしょう。

最後に米国産パラフィン系の安売りオイルはシェブロンが有ります

ASPCA

充分なご説明、有難う御座います。

判りやすく云えば
塩、味噌、醤油や出汁が食事の基本ならば(鉱物油)!

味の素やハイミー、出汁の素が(化学合成油)!

古来よりの物に目を向けたいですね♪
  • URL
  • 2009/05/03 22:43

バイクやクルマにとってオイルは人間でいうと血液みたいなもんですもんね。
ドロドロになった血液では心臓やいろんなところに害をもたらせます。

ウチのガンマくんなんて走るたびに輸血しないとすぐに
スネます(笑)
  • URL
  • 2009/05/04 10:01

kazu親父

蘊蓄を言ってしまえば切りが無いですね

自分で使って結果が出るこれが一番です

是非一度ご賞味ください(笑)!!

kazu親父

風さんガンマ乗りに?
89年 VJ21Aですか?

実弟はVJ22Aに凝って4台も購入し全部バラシ2台を仕上げた様です
後は部品として保管してますが

しかし、ガンマは速いですね
スポロケを少し変えて高速道路を走ったそうで
まるで中年暴走族です・・・・
250ccで200km/hまであっと言う間
加速が早い分日本の高速事情では一番最速でしょう
高速コーナーも申し分ないそうで

2ストの魅力は加速でしょうかね。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー