子供達への未来

我々は子供達の未来に何が残せるだろうか

DSC10166_Rr.jpg


現代の日本、代表する総理が短期間でコロコロ変わる、諸外国から見れば情け無い事だろう
ましてや財政事情今や1000兆円を超える借金とも言える
国民一人当たりの借金は850万円とも言われる
リアルタイム財政赤字カウンター ">リアルタイム財政赤字カウンター

中国への円借款は今どうなった?返してもらったのか600億を超える金
今の中国は世界一位のドル保有国にもなってる

なにもかもが責任の無い政治家が・・・・・・
この親父は政治の事や経済学は一切解らない・・・・でも道理ってものがあるだろう?

子供達の未来を考えてるのか?

麻生政権の国際通貨基金(IMF)への10兆円融資やら
定額給付金(他に良い方法は無いのだろうか?正に焼石に水ではなかろうか?)

お金は印刷すれば出来る事では無いだろう

この借金も今のままでは子供達に託される


そして教育
父親から幼少の頃、良く聞かされた覚えがある 教育勅語

これは、西洋の学術・制度が入る中、軽視されがちな道徳教育を重視したものである。もちろん、西洋文明にも宗教(キリスト教)を背景とした道徳教育は存在するが、それを直接日本人に適用するわけにもいかず、かといって伝統的に道徳観の基本として扱われてきた儒教や仏教を使うことも明治新政府以降の理念からすれば不適切であった。このため、伝統的な道徳観を天皇を介する形でまとめたものが教育勅語とも言える。こうした道徳観は、伝統的な儒教とは異なるものであり、江戸時代の水戸学からの影響が指摘されている。(ウィキペディアより)

明治政府の思惑があるにせよ立派に道徳を教育として教えてる

そして日本が敗戦となりこの教育は消えいつしか個人主義へ
あの戦時中多くの若者が命を散らせ、その時の境遇で国の未来を思い特攻にも参加した若者が居た

戦争を知らない子供達時代の親父ではあるが・・・・・・今の世の中残念な事が多すぎると思う



その戦時中(命のビザで有名)杉原千畝氏は道徳を重んじ大勢の命を救ってる

「私のしたことは外交官としては間違ったことだったかもしれない しかし 私には頼ってきた何千人もの人を見殺しにすることはできなかった 大したことをしたわけではない 当然のことをしただけです」

終戦後その杉原氏は外務省を追われてしまう
情け無い政府の始まりだったのか?

何も出来ない親父の戯言です

(去年11/26の記事を少し変えた物です)


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/337-62fee391

Comment

松井大門

何かせんならんこと、あるはずだよ!!!
考えてみようよ~~~!!!!!
  • URL
  • 2009/01/14 00:06

kazu親父

たまには間違っても良い
間違わないと正しさも解らんから・・・・

だから自問自答出来るようにかな。。。

と思います

はおはお

子どもたちを見ていて思います
あと20年後にこの子たちはどうやって子育てをするのか?
そもそも結婚や出産すらおぼつかないのではないか?
悲しい国です…
  • URL
  • 2009/01/16 14:45

kazu親父

同感です・・・
せめて我々が良かれと思った事を毅然と子供達に教える事が大事かなと思います
しかし今の自分は本当に正しいのか解らぬ混沌とした世の中・・・・
基本は他人を思える事が大事でしょう
道徳とは何か学業だけが勉強ではありません
今の子供達道徳を知らず受験戦争に生きる
子供達に罪はありませんよね

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム

ツリーカテゴリー