オイル薀蓄その3

いや~薀蓄もその3で疲れました・・・オイルに関しては資料が膨大すぎるので私なりに完結してしまいます。
化学合成油の歴史は、戦後のジェットエンジンの進歩に合わせて開発された物で、米国がパラフィン系鉱物油の輸出に慎重になった結果、ジェット・エンジンの運用で危機感をつのらせたヨーロッパ勢が開発したのが、エステル系オイルです。そこで何故アメリカ?
ペンシルバニア州のブラッドフォード油田産出の原油(パラフィン原油)は 地質学的には他の原油(ナフテン原油)より数百万年古く、 化学的には他の原油には見られない天与の潤滑性能を持ってジェット・エンジンにも充分に使えるのでエステル系は不要だったのです。

石油井戸の枯渇からパラフィン系鉱物油の民間への供出に制限が始まった結果、民間用にはアラスカやメキシコ産原油にシフトしているのが実情でブラッドフォード産出の鉱物性オイルはお店ではなかなか見つかりません。有ったとしてもかなり高価です。オベロン・アマリー・オメガ等がそうです。
それならコストのかかったエステル基油(科学合成)オイルに軍配が上がります。しかしエステルを超えるオイルはブラットフォード産出の鉱物性オイルらしいです

私も純正オイルや有名なモーチュール等試してみました。モチュール(エステル基油)はかなり良かったが、交換したての最初良く2000kを超えるとかなりダレます
ここからはもう個人の偏見になりますが良いのがありましたよ!
熱ダレも無くスムーズな回転とエンジンノイズが驚く程静か3000kを過ぎても変わらぬフィーリングです。兎に角、個人的感覚なので試す事が一番だと思います

DSC00149_R.jpg


DSC00150_R.jpg


このオイルは会社の車にも使ってます勿論バイクも
素晴らしいオイルです(ペンシルバニア、ブラッドフォード)ただ店売りはしてません(但しヤマハマリンエンジン社外純正指定らしい)品名はケンドル
薀蓄より試すのが一番!!です

・・・・・・・気になる値段ですが税込み(送料込み)10W-40が16000円(5ガロン)で20W-50が17800円です(リピーター様価格)とか

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/20-18a55d3c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー