時がゆっくり流れる時代へ

激務の夏が終わろうとしてる

ふと、考える・・・なんと忙しなく時間に追われ仕事や生活が忙しい。。
そして信じる物が減った現在。

江戸時代まだ民間宗教が盛んだった庚申宗教(今から約330年前の物)

DSC01800_R.jpg

寿命を縮めないために? 江戸時代に大流行した民間信仰

旧暦では60日に1度、庚申(かのえさる)の日が巡ってきますが、この夜眠ってしまうと人の体内にすんでいる三し(さんし)という虫が天に昇り、天帝にその人の日ごろの行いを報告するという道教の教えがあり、罪状によっては寿命が縮まると言われていました。寿命が縮まっては大変!この日は身を慎み、虫が抜け出せないようにと徹夜して過ごしました。日本では既に10世紀ごろには盛んだったようで、『枕草子』、『大鏡』などに記述があります。この教えが広まっていく中で仏教や庶民の信仰が加わり、江戸時代には全国の農村などで大流行し
身を慎むことから始まりましたが、徐々に米や野菜、お金を持ち寄り、皆で飲食・歓談して過ごす楽しい集まりになっていきました。また、さまざまな情報を交換し、農作業の知識や技術を研究する場でもありました。この集会を3年18回続けた記念に建立したのが庚申塔で、長寿や健康のみならず、家内安全や五穀豊じょう、現世や来世のことなどを祈り、それを碑面に刻みました。


江戸時代まで、日本の神道と仏教は融合しあう時代が続いていましたが、慶応4年(=明治元年)に出た神仏分離令で、(「庚申待ち」・「お日待ち」)。仏教・神道・陰陽道・道教などが結びつきあった民間信仰は衰退して行ったと聞いてます。

時の流れがおおらかにゆっくり流れる時代が有った

少し落ち着きを取戻した日常
また、スーパーシェルパに跨り、昔の面影を訪ねてみようと考えるこの頃

DSC01824_R.jpg

↓お帰りの際はポチっとクリックして下さればありがたや~
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/173-44881ad7

Comment

U・BON

せわしない日常、我先にと過ぎて行きますが。

バイクに跨っている時だけは、ゆっくりと自分のペースで時間が流れて行くように思われます。

しかし、時間に追われると、我先にと走ってしまいます。

あぁ、悲しい日常です。

時の流れがおおらかにゆっくり流れる時代は、この先やってくるのでしょうか・・・
  • URL
  • 2008/09/06 00:39

あきあき

そういう信仰があるのは初めて知りました。
ゆるやかで暖かみがあって、なんとなく人間くさい気がしますね。
昔の文化に興味があって平安文学を専攻してますが、それぞれの時代にそれぞれの文化が意味を持って存在したんですよね~

kazu親父さんのように、昔の文化を巡る旅もおもしろそうですね♪

kazu親父

この時代こそ自分の気持ちをしっかり持ち
お互い上手くやって行ければと思います
情報時代で個人感が強くなった現代
そして車社会・・・・隣に誰が住んでるか解らぬ時代

幼き頃見知らぬお婆さんの荷物を持ってあげた田舎の学校の帰り道・・・
今では防犯ブザーを携帯する学童

良き時代は何処に。。。

そろそろ群馬の山にもキノコがでるかな~

kazu親父

きっと、あきあきさんの地方にも庚申塔は沢山有ると思いますよ。
庚申塔は様々な形が有ります
塔面に庚申と文字が刻まれてる事もあります

写真の庚申塔は主尊は青面金剛王で邪気を踏みつけてます上の方には日と月と雲で下には鳥も居て最下部は三猿です

ツーリングに行って気をつけて見てれば珍しい庚申塔が見つかるかも。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー