prologue 栄枯盛衰

プロローグ

地元に居ながら、その場所にはあまり興味が無かった

幼き頃、親父に連れられ「此処は古河財閥の基礎を築いた地・・古川市兵衛・・云々」と聞かされ、ただ、それだけの思いにすぎなかった

栄枯盛衰を繰り返し、銅山として実に400年の歴史があり山々の下には延べ1200km程の坑道が有ると言う

そして、数多くの人達の想いや歴史を刻んだ場所であった
今、尚その場所を尋ねると、昔はねぇ・・・と話す人も今や老いた人達。

いま一度訪ね見つめよう考えよう、そんな思いから 足尾銅山探訪が始まる

--------------------------------------------------------------
DSC01636_R.jpg



出発は午後1時
思い立っての行動なので今回は計画性は無し

午後2時には足尾町に入る

一番古い坑道が有る庚申山方面に
庚申川を辿り直ぐに見える庚申山碑  この大きい碑も庚申塔の部類かなぁ~
                          とにかく大きい 
DSC01495_R.jpg   DSC01497_R.jpg


こんな説明です・・・この説明を見ると、庚申塔で良いんじゃないのかな

DSC01494_RJ.jpg


同じ場所にある庚申塔 先を急ぐので今回は精査しません・・・何れまた来ますから

DSC01496_R.jpg





庚申山へ向かう俺とシェルパ

DSC01499_R.jpg


昔小学生の頃は砂利道で道も狭く車では通れませんでした

カーブミラーに写る注意親父!最新のツーリング着でまた登場(作業着ですw)

DSC01500_R.jpg   DSC01501_R.jpg




庚申山を登り最初に目に入るのが此処

足尾銅山歴史の悲しい出来事

太平洋戦争中の1942年、東条英機内閣は、日本人男子がみな兵隊にいってしまったことから労働力不足の対策として「華人労務者内地移入に関する件」という方針を閣議決定し、まず試験的に1943年4月から11月まで2000人の中国人を日本国内に強制的に連れてきて、炭鉱や土木工事に従事させました。さらに続いて1944年2月からは本格的に約4万人の中国人を強制的に連れてきてやはり炭鉱やトンネル工事などで働かせたといいます。いわゆるこれが中国人に対する「強制連行」といわれるものです。


朝鮮の人達も例外では無かった



質素な慰霊塔です・・・・



佇み、色々な考えが駆け巡り・・・・合掌。

DSC01503_R.jpg   DSC01504_R.jpg


中国人殉難烈士慰霊塔

DSC01547_R.jpg   DSC01548_R.jpg











足尾銅山(小滝地区)




奥へ進み日本近代化時代明治の精錬所/選鉱所跡です

DSC01510_R.jpg


レンガを良く見るとカラミ煉瓦です
「カラミ」とは、銅の精錬で発生する副産物で、この「カラミ」で作ったものが「カラミ煉瓦」と言われる。

DSC01511_R.jpg   DSC01512_R.jpg


昔の小滝の様子

今は人も居ない場所だが・・・昔は賑やかな場所だった。。

DSC01509_R.jpg


少し先に行くと浴場跡

DSC01517_R.jpg

DSC01518_R.jpg


当初の小滝坑道跡

DSC01528_R.jpg


人が一人づつ入れる位のスペース

塞がれた坑道は廃墟と化していく

DSC01527_R.jpg   DSC01529_R.jpg



足尾町指定史跡
 小 滝 坑 跡

 明治十年(一八七七年)足尾銅山経営を始めた古河市兵衛は小
滝の旧坑(二五〇m先までの堀止)を利用し、明治十八年(一八
八五年)七月にこの小滝坑を開坑しました。
 明治二十六年十一月には本山坑(間かく三〇〇五m)と貫通し、
次に立坑で通洞坑(間かく三二七六m)とも連絡するようになり
備前楯山に向かって三坑から採掘が進められました。
この開抗の功労者は笈川清七と木部末次郎であり、当時下駄づ
くり小屋が一軒しかなかったこの土地に、小滝坑を中心に銅山の施
設と集落が出現し、大正年間には人口一万人余となりました。
 昭和二十九年(一九五四年)銅山の経営合理化により小滝坑が廃
止されるとともに銅山の施設が全部撤去されて今日に至っています。
当時の名残を小滝坑と前岸のさく岩機練習のノミ跡にとどめて
います。小滝坑の小坑は、旧坑のひとつです。


  昭和五十一年三月十五日  足尾町教育委員会

この索道橋の向こうに小滝坑道が有る

DSC01521_R.jpg   DSC01522_R.jpg


塞がれた坑道の横には
入り口を改修した時期が刻んであるのだろう

固く鉄の扉で塞がれた向こう側からは冷たい不気味な風が吹き出し
昔の坑夫の声の様にも聞こえた


DSC01523_R.jpg


昔と変わらぬ川の流れは今も足尾の栄枯盛衰を知らぬ如く
ただ下流へと流れて行く

DSC01530_R.jpg


昔、家々が軒を連ねてたであろう街道をシェルパで行く

DSC01534_R.jpg


DSC01535_R.jpg


次なる道は本山坑道を目指し赤銅みちをシェルパと

DSC01554_R.jpg   DSC01556_R.jpg


頂上付近の船石

DSC01560_R.jpg   DSC01561_R.jpg


この頂上から本山坑道や近辺を眺めると
鉱毒ガス(主成分は亜硫酸ガス)と鉱毒(主成分は銅イオンなどの金属イオン)により、付近の環境は大きな被害を受け、今だに木々が生息しない不毛な山肌が見え始める

DSC01557_R.jpg   DSC01559_R.jpg


不毛の山肌の中を駆け抜ける

DSC01572_R.jpg   DSC01571_R.jpg



不毛の山となった今では最近改修した砂防ダムも限界が来てる

DSC01580_R.jpg


この上の様子を見てみよう
雨による侵食で山肌が小さな岩となり流れ出し砂防ダムは限界
大雨になれば俺の嫌いな鉄砲水が
毎回押し寄せるだろう・・・・・・

怖いので早めに退散する

DSC01582_R.jpg   DSC01583_R.jpg


次回の足尾探訪シリーズは

本山坑道&古川精錬所予定


DSC01635_R.jpg   DSC01608_R.jpg

↓お帰りの際は是非ポチっとクリックして下さればありがたや~
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/130-3b19a902

Comment

ゆうき

廃線の写真、いいですね。こういうの好きです。
碓氷峠で廃線を見つけたときもなんかワクワクして・・・w
行ってみたい!

miti

浴場跡在るんですね。
止まったりしないから見たこと無いです。

砂防ダムは埋まってしまうとお役目ごめんですものね。
また作るのかしら?
ところで、kazu親父さんは、
備前楯山登ったことありますか?
なければ是非!
上から見る足尾なかなか考えさせられます。
  • URL
  • 2008/06/21 09:15

mAm23

足尾銅山いいですねぇ~
廃物好きなので堪りませんね♪
軌道敷すばらしいです!でもって鉄橋もかなりキマスね!!
あぁ・・・行ってみたい (☆。☆)キラキラ
  • URL
  • 2008/06/21 14:52

kazu親父

足尾は近代廃墟から

探せばもっと昔の廃墟も見つかります

せっかく良い写真を残したいのですが・・・・

まだ一眼レフ使ってません。。

今度は持って行くぞ!!

その前に腕上げんとw
  • URL
  • 2008/06/22 03:24

kazu親父

浴場跡は小滝坑すぐ上に有りますよ

足尾砂防ダムから先一般車両侵入禁止なってました
また大型ダム建設中ですね・・・・
でも良からぬ親父合法的対策練って突破しますw

備前楯山
高校時代地元の悪友と行きました
ところがそこは、す~げ~怖い所だった記憶有ります
尾根は狭くボロボロで急斜面滑ったら怪我ですよ
狸堀の大きな穴を探しに行ったのですが・・・・
有りませんでした

先日その悪友を訪ねましたが
もう足尾からは居なくなって所在が解りません
実家だったのに・・・・人口は過疎の一方です

kazu親父

今度一緒に廃墟探訪しますかw

バイクじゃ行けない所も沢山有りますよ
足尾はバイクで行って徒歩探索がベストかも。。

mAm23さん来る前に足尾を網羅しておかないと・・・ww

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー