魅力

30年以上昔の事
6年半離れる二人兄弟
兄(俺親父)は18歳で上京一時田舎を離れる
そんな中、兄の影響を受け弟はバイクを無免許で乗り始める(早過ぎたバイクへの魅力である)
そして両親の苦悩の始まり・・・・・・

そんな中の出来事。
1973年、AMAグランドナショナル選手権において史上最年少(21才)でチャンピオンを獲得し、翌1974年も2年連続タイトル。更にその後、1978年WGPフル参戦初年度から3年連続500ccチャンピオンという偉業を成し遂げた。アメリカとヨーロッパの両選手権を制した史上唯一の選手ケニー・ロバーツ・シニア(Sr.)、が活躍してた頃である宮城県の菅生サーキット500cc世界選手権だったと思う

レースの迫力を実感し感動したのであろう
その後一切無免許を止めいつか、この菅生で走る決心をしたかと思う

後に好きな連中が集いトランスポーターを運転し宮城までレース参加を・・・・

魅力が大きく行動を左右した出来事だった

今はもう昔の事笑い話にすぎない、今現在お互い歳を取り変わらぬ世代になる
そして まだバイクに魅了され現在に、至る
弟・ハーレースポーツスター/250TR 弟嫁FZ6 Fazer
俺・FJR1300/スーパーシェルパ 息子VTR250

そして尚、我々親父(ジジイ)兄弟は250ccマイブームである

真冬、房総半島を目指すハーレーとFJR1300
DSC00118_Rr.jpg   DSC00120_Rr.jpg


林道にいくべぇ 250ccマイブーム
DSC00943_Rr.jpg   DSC00952_Rr.jpg


そして旧車會、本来は(旧車)をレストアし乗り、楽しみ乗るはずだったらしいが

違法改造車による成人版暴走族。騒音や違法改造
三ない運動にして乗れなかった若者が・・・・・

魅力の取り違いなのか・・・・・

本来バイクが好きであればバイクを、いたわり乗るであろうが・・・

↓お帰りの際は是非ポチっとクリックして下さればありがたや~
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasehikaru.blog121.fc2.com/tb.php/116-d856c203

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kazu親父

Author:kazu親父
★お知らせ★
2008年12月よりFJR1300Aから BMW R1200RTに乗換えました。
ブログタイトルはこのままにします宜しくお願い致します

風と共に FJR VTR




風と共に FJR VTR

↑ツーリングクラブ ECHO


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

ツリーカテゴリー